現在の閲覧者数:

2005年01月31日

不安な時のささやかな心の灯火ふらふら

先週土曜から、下の子がおなかのカゼで大ピンチ。
はじめは鼻水、次に咳や喘鳴が優勢で、胃腸症状に気づくのが遅くなった。
おととい夜と、今日丸一日、点滴。
おとといは3時間、今日は通算5時間、点滴室にかんづめ。
不安を英語漬けで紛らす。

メモ1/29〜1/31の英語記録

音楽"I Love You More Than Love"音読練習(1/29、1/31)
今「通院時専用リュック」に入れてある英語グッズ類は、CDの束とポータブルCDプレイヤー。本よりかさばらなさそうだから入れた。が、まだスクリプトはずしが完了していない段階での「文字を見ないで音読練習」はなかなかハードだった。
作品が詩なだけに、普通の文と意味の区切り方が微妙に違う(=息継ぎポイントが微妙に違う)ので、「区切れたな」と思うところで一時停止してリピートしようにも、聞き取れていなくてリピートにならず。おまけに病院内なので、声出しするのに恥じらいを感じてしまい、「英語モードへのシフトチェンジ」がうまくなかった。
モデル音源を何度も繰り返して聞いて、「ネイティヴの母音音の波打ち加減」習得に励むにとどまる。

音楽Daily Yomiuri記事音訳から時事用語書き抜き
今回の点滴室には、病棟と同じベッドが2床。1床で下の子が点滴を受け、空いている1床にノートと筆記具を出して、ポータブルCD片手に書き抜き作業。
記事音訳は、アップロード通知メールから会員専用ページにアクセスし、「マイミュージック」フォルダにダウンロード後、ある程度まとめてからCD-Rに書き込んで持ち歩いている。
記事音訳を収めたCDは、家事中、ネットがつながっていない時のPC作業中、あるいは布団の中などで漫然と聞くことが多いが、最近になって「あの単語はTLT ROMに出てきた!」などと、過去の記憶と結びついてきている。
通訳ガイド講習会に出てきた政府機関用語も、文字なしでもしっかり脳で停車してくれている電車
「かつてROMの単語ドリルで苦労しながら聞き、打ち込んだ単語、もう逃がさない!!」って思いで、CDを聴いて「トピックのキーワードだな」とおぼしき単語やフレーズをノートにメモしていく。おとといから始めて、まだ記事6本分を下書きしたのみだが、ガイド試験対策として、気長に、着実に書き抜き、意味調べして、HTMLファイルにUPしていこう。







posted by しば at 22:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

倹約と言いつつ設備投資(汗)

幼稚園のお別れ会リハ(2回目)がようやく済んで、疲労困憊のしば。
おとといから下の子がカゼでダウンしている。
夫もカゼ引いた。
英語は…恥ずかしいけど、やったとはいえない程度。Daily Yomiuriの音訳を聞くが、気づくと下の子の夜中のトイレまたは次の朝。

昨日、英語教材費の「つもり貯金」真最中なのに、買ってしまった。PCカメラ映画、約5000円。ビデオチャットに使う代物…
衝動買いでなく、ひらめいたのだ。「いつか、ネットの英語仲間でビデオチャット会を組めたらいいな」と。
英語というひとつの「ことば」を学んでいるのに、情報交換の手段が文字だけというのは、真意を伝えるのにどうしても限界があるように感じたから。
それに、顔の表情を見たり、口調を聞いたりできれば、英語の発音の相互チェックにも役立つしひらめき

---な〜んて淡い夢や大いなる野望ばかり抱いても何も始まらないので、まずは説明書を読む。ビデオチャット環境整備には、ハードウェア面からの準備が要る。自分も、相手も。
チャット「会」実現には、参加者の使用PCのOSの種類やチャットツールだって関係があることを、説明書を読んで知る。「WinXPについてくるWindows Messengerは、98やMe他以前のバージョン、あるいはMacとは通信できない」、これが一番勉強になったこと。

PCカメラは短い(秒単位)ビデオクリップ作成にも使えるそうだ。
windowsムービーメーカーの使い方習得も必要になるが、カメラアングル的には、発音練習している自分の口の形確認や、音読の時の表情チェック(長い作品は無理かも)にも活かせそうに思った。


また英語に関係ないことの勉強項目を増やしてしまったしば。
これもまた話題か、それとも余計なことか信号



posted by しば at 07:13| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

せわしい日

こんな時もあるさ。
予定が分刻みで詰まってる時。
とても英語どころではない時。
でも、ちょっとでも英語に触れないと、次の日猛烈にイライラする。
時間量的には満足いかないけど、「英語を浴びる時間と口にする時間を力づくで作った」ことを評価しよう。

メモ今日の英語記録

☆NPR聞き流し
真剣に聞いていないので、記録に入れていいのかわからないが、英語学習記の引越し作業の時にBGM的に流した。単語の見等はつくのだが、「何て言ったの?」と聞かれるとリピートできない。もちろんシャドーイングも無理無理(哀)
たとえ短時間でも、英語の音を聞くと気持ちがのびのびしてくる。

☆"I Love You More Than Love"音読&チャンク・リーディング
詩は普通の文章ならばカンマやセミコロンを打たないところで改行されていたりする。
意味を考えると、印字されたとおりに音読するとしっくりいかない。
意味のまとまりごとに、改行を気にせずにスラッシュを入れたり、構文取りをする。
1箇所あやふやなところがあった(ギョッ)
週末はお別れ会リハで忙しいんで、一区切りついて単語リストを作る時に文法書をひもといて調べておこう。


大学時代のアメリカ現代詩の授業(ゼミの芝居実演の次に大好きだったわーい(嬉しい顔))でビート・ジェネレーションの詩に魅せられてから、「英詩をかっこよくパフォーマンスしたい!!」と心のどこかで思っていた。
「アメリカ人は詩や名言の引用が好きな文化土壌がある」と英米文化研究系のHPで以前読んだことがある。これを機会に英語圏のグリカ集めもおもしろいかも。続きを読む
posted by しば at 23:46| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

照れちゃう揺れるハート

本今日の英語メニュー
☆Daily Yomiuri朗読CD聞き流し
過去記事だけど、「ネット接続を気にせず英語を浴びる」目的で、洗濯物を片付ける時にPCでかけた。
最初のダウンロードから、かれこれ10何回聞いている。名詞以外のイディオムもキャッチできるようになってきた。意味がすぐ浮かばなくても、とにかく聞き取れた語句を後でリストアップしてみよう。
☆"I Love You More Than Love"音読練習
気持ちの切り替えがついたので、素読みを始める。
ヘレン・ケラー自伝と比べて、英語自体は恐ろしく短く、簡単に感じるのだが、声に出しながらヘンに照れてしまう。
「好き」って気持ちをこんな風に表現できたらなあ〜、と思いつつ、いざ勇気をふりしぼって表現を始めてみると、自分の発した言葉に自分でおののいて、「何てキモイことをしてるんだろがく〜(落胆した顔)」と興ざめして、「飲み仲間多数」で恋愛に発展しにくかった青春時代を思い出す。
照れずに読めるようになるために、そして、フワッとした語り口で暗唱してみたいんで、英語と同時進行でラブバラード(J-POPです)を歌ってイメトレをする。ゴスペラーズが、男声だけど自分の音域的にはちょうどいい。

「英語って、率直だから好き」と、授業で英語を始めたばかりの頃から思っていた。
「日本語だとクサくてやってられないような愛の言葉、英語だととってもサラッとしててカッコイイなあ」が、英語を愛する原点でもある。
年を重ねて、結婚して家族が増えてみると、「愛の言葉は英語でもやっぱりクサイなあ」と感じたけれど、思い切って愛の告白をするなら、日本語でなく、英語を選ぶ。
posted by しば at 22:32| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

まちがい発見(涙)

先週金曜日に収録した"The Story of My Life"の暗唱を聞き返してみた。
ほとんどOKか---と思ったら、何と単語が1つ抜け落ちていた。
強勢を置かれない関係代名詞thatだけど、まちがいはまちがい。
本日午後、子どものお迎えの車の中で録り直し!!

収録後にテキストと照らし合わせる。
単語の抜けはなかった。
が、子音の滑舌にちょっと甘いところがあった。
ん〜〜〜悔しいなあ。
文言は体に刻み込めたんで、2テイク録ってみたけれど、録音回数を重ねてもそのたびうまくなっているわけでなし。

実際の英語のしゃべりでは、学習として発音トレしている時のように音素に気を使っていられないし、母国語の日本語だって、読み聞かせの時の日本語とふだんのしゃべりは何となく違う。
ヘレン・ケラー自伝の暗唱は、こんどこそ完了。
今回気になった音素は、次回の課題にする。(素材も決まってるんだ。「感動する英語!」からの第3弾:"I Love You More Than Love"ムードバレンタインデーを目途に暗唱)

しばにとっての英語発音トレは、「滑舌練習の英語版」の感覚。
日本語の滑舌練習も、同様にがんばろう。
posted by しば at 16:05| ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

ちりも積もれば…

今日は思いっきり掃除・洗濯や「○○まとめ」日和。
掃除・洗濯日和はあまり珍しくはないが、ふだんはつい目をつぶってしまう子どもたちの勉強部屋を大掃除。それも上の子が先頭を切っての大掃除だ。
「妹の机が来るんだもん。それまでにきれいにしたいるんるん」と意気込んでいる。
私よりもいいお母さんになれそうだ(汗)

私が思い切りてこ入れしたのは、何気なくいろんな小瓶にためこんでいる小銭。
現在、貯金箱を用途別に分けて用意している。
夫のパラ資金用、私の英語教材用、家族の備品用(真っ先に買いたいのは体重計)が主力貯金箱だ。それぞれが満タンになったら、銀行や郵便局で集計し、小口の1ヶ月定期預金を作っていくつもりだ。これ、私の財テク習慣として確立を目指す。
小銭を数えていたら、500円玉だけで10枚以上集まっていた。5000円って、けっこう大きいぞ。財布の中身がさみしいと、ついATMやネットバンキングに足が向きがちだけど、引き出す前にためた小銭や小口預金のことを思うようにしよう。

そして、「ちりも積もれば」を一番強く感じたのは、実は英語修業記の過去ログの数だ。
おととしの5月から始めたのだが、更新頻度の差こそあれ、いくつものツールやHTMLファイルで
総計200近く、あるいはそれ以上書いてきていたのだ。
しばは「自分はずぼらだ」ってずっと思ってきたけれど、マメになれる素養が眠っていたんだなあ。ただ、マメに克明に記録しておきたいと思うことに、今まで出会わなかったにすぎないんだ。Thank you, Englishexclamation×2


ここのブログ、テキストログ保存容量は無制限のようなので、最終的にはすべての英語修業記をここに集めたい。

posted by しば at 15:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

よう〜〜やく完了わーい(嬉しい顔)

ヘレン・ケラー自伝、暗唱&収録がやっと終わった。
子どもの帰りの待ち時間、学校に止めた車の中で、やっと納得いく暗唱ができた。
「スッキリ〜〜〜」って叫びたくなった。
本当に、苦しかった。
目も耳も異常ない自分が、目と耳両方不自由な人になりきるのは並大抵ではなかった。
でも、声に出せば出すほど、「不自由=不幸ではないんだなあ」と思う。確かに不便はあるだろうけど。

ヘレン・ケラーの自伝は、今でも世界中で読み継がれ、身体、心身に障害や持病のある方を勇気づけているようだ。先週の新聞の土曜特集「ヘレン・ケラーの言葉は座右の銘」というルポも、暗唱練習中だけあってとても興味深く読んだなあ

あとは、転送とレビュー書きだ。
posted by しば at 22:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

自分の中の2つの世界

体調がすぐれない。
一番ひどい時期は過ぎたものの、まとまった時間を英語に向ける体力が足りない。気力がいまひとつ湧き出てこない。
息子には花粉症が出始めている。花粉症対策として、下校時の学校までのお迎えを開始。

[ここのところの英語の学習記録]
(お迎え時の待ち時間、車の中ばっかりです)
☆"The Story of My Life"音読&暗唱
下痢とのどの痛みが治まったら、「変声期か?」と思うほどのハスキーボイスになっている。ただでさえ低音なのに、これ以上低くなったら女性として扱ってもらえない(涙)
夜に長時間話し続けると乾いた咳の連発で非常に辛い。でも英語の声出しをゼロにしてしまうと、治るのを待ってから再開した時にド下手な発音になった自分を想像するだけでも恐ろしくて、「昼間限定」で音読をしている。傍らには飲み物とヴィックスドロップ。
気持ちが乗ってきて、収録を試みることもある。途中でつかえたら消去してはじめから録り直し。なかなか納得いくパフォーマンスにならない。そして、「ちょっといいかも」と思う暗唱ができた時に限って、途中で息子が帰ってきて、カット。


車の中で英語を練習して、時には収録している時の自分と、子どもたちを前にしての自分。
止めた車の中で英語教材を開くと、そこは小さな英語ワールド。物売りや古紙回収のトラックから聞こえる日本語の売り込みアナウンスは、私の耳と脳を素通り。英語練習中の車の中で子どもたちの姿を見つけると、瞬間移動で日本語ワールドに戻る私。

英語収録中に子どもたちが帰ってきても、「今いいとこだったのに〜」とは絶対思わない。ずっとずっと思わないままでいたい。
ママ時間を楽しむほうが、結果的に英語時間もより楽しめるから。
今くらいの英語スタンスが、一番楽しい。

posted by しば at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

病床内英語メニューふらふら

ふらふら
幼稚園の臨時PTA総会から帰るや否や、のどに焼け付くような痛みが走った。
まずは、横になる。横になっていてもめまいがする。
自分が方位磁針の針になったみたいな感覚だ。
困った〜〜!ヘレン・ケラー自伝の暗唱が、ちょうど山場の追い込み期なのに(悔しすぎ)

でも収穫もあり。
「カゼの時でも英語漬け」の実践方法、あみ出したり。
寝てなきゃならない時にも英語をお供にするには…理屈は単純。
目を使わなくてもできるものをすればいい。
のどが痛いときは?
ヘッドホンを使っての精聴ならば、声が出せない時でもOKだ。

[今日の英語果]
こうなったらEnglish freakに徹する☆
☆Daily Yomiuri音訳をポータブルCDで聞く
「読み方.com」でDLした記事の朗読音声、DLしっぱなしだとPCでしか聞けないので、CD-Rに焼いてみた。
windowsでファイルコピーだとうまくいかなくて、Roxio CD createrで書き込んでみた。
でも、何か途中で切れている。ダウンロードファイルを家庭用CDで聞けるようにするとこうなるのか?

英字新聞を「聞く」、これは軌道に乗りそうな予感。
特に日本の英字紙は、事象の見当がつくので、単語を正確に知らなくても(特に発音できなくても)skimmingで読むことができるのだ。
skimmingで通過してしまいがちな単語を、あえて文字なしで「耳中心で」(しばは耳だけでなく骨や皮膚などでも音を感じます)インプットする---これ、ちょっと新しいかも。
posted by しば at 22:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

日英フォトログカメラ

ここのところ、英語はちょっとお休み中。
おととい病院に行った時も、待ち時間に「使う!ための英単語」のCDを聞いたのみだった。
音読や暗唱練習、したいけど、スタミナ持たず。

今日は幼稚園の両親学級に、腰の痛い夫に代わって行ってきた。
その様子は日々の日記にUPした。
幼稚園から戻ると、ロングマンのROMつき英英辞典が届いていた♪
インストールし、使い方を練習。
---すると、無性に英文を書きたくなってきた!!


[今日の英語果]
☆英文日記
日本語の「日々の日記」と同じトピックで、同じ写真を使って書いた。でも、微妙に違う。
英語版には、日本の幼稚園・小学校の「日曜の授業参観日事情」を付加した。(英文は下記URLをご覧ください)
http://everylittlestep.blogspot.com/2005/01/sunday-class-at-kindergarten.html


例のROMつき英英、ROMの中には掲載語の音声もAE、BrE両方で入っているし、ディクテーションはじめ各種ドリルもついている。
味わいつくす!!!!
ただし、フルインストールすると、HDDの大食いたらーっ(汗)

そして(デジカメ)写真を撮った日は同じトピックを日英で書くぞ☆
posted by しば at 23:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

TOEIC上がらなかったけど、購入プレゼント

ロングマン現代英英辞典 第4版(CD-ROMつき)

11月のTOEICで800台前半を取ったら、記念に買うつもりだったROMつき英英。800取れなかったけど、たった今、アマゾンにて注文してきちゃった。

名目は、PD軽快記念。今日診察に行って、「器質的な部分はかなりよくなってきたから、今日からパキシルは1錠/日でいいよ」と言っていただいたのだ。
3ヶ月にわたっての禁酒(まだまだ続くんだけど)、クリスマスもお正月も、よくアルコールなしで過ごしたと思う。

思えば発想転換ができたのは、通訳ガイド講座で行き会ったリア友のひとことのおかげ。
「酒飲めないくらい、たいしたことない」
静かに、しかしキパッと、マイナス思考を斬ってくれてから。
今では、禁酒はお酒が飲みたくても飲めないわびしいものではなく、不眠や不安神経症の「治療の一環」と考えるようになっている。「服薬効果を高めるからだづくりとして、アルコールを入れない」って感じかなあ?

私も何気ないことばで人々の悩みを斬れる人間になれるよう、英語も日常も全力投球しよう。
しばの英語修業の永遠のテーマ。それは
「英語で健康♪」
posted by しば at 22:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

Retaining Practice

[最近の英語果---1/11〜12]
(注)幼稚園のお別れ会準備も本格的になってきたし、自律神経バランスを整えるべく、今週からしばらくは軽めの「療養期シフト」で英語に向かいます。
☆"The Story of My Life"音読練習
スクリプトなしでも全文何とか口が回るようにはなった。特に英語をしてない時でも、今練習中のpassageの始めの一文が空耳的に渦巻くことさえある。
が、いざ何も見ないで言ってみると、細か〜〜く間違うのだ。意味をこわさない程度に。また間違えば、「本当は***だった」と気づいてすぐ言い直す。
「カラオケで歌詞を見ないで完璧に歌えたら100万円」の世界ではないが、見ないで完璧にに至るまではもう一歩。そして、その一歩がべらぼうに長い。
スクリプトはずしの時にchunk単位からread & look-upで練習してきたのだが、一時にまとまった分量を覚えこむ(retaining)練習は、そういえばまだしていない。せっかく情感を込めようとしても、途中で「え〜っと・・・」とやってしまっては集中力が途切れて話にならない。また、「言える時もあるけど間違う時もある」でも、passageを完全に自分の血肉にしたとはいえない。
まだまだ練習だ。次は全文まとめてread & look-upに挑戦だ。


今日の幼稚園のお迎え後、パジャマを買って帰った。バースデー
恥ずかしいことに、しばは「子どもたちが寝た後意地でも英語やるぞ」と決め込むと、パジャマを着ずにいたのだ。昨年の今頃、朝2時台起きを実践していた頃は、翌日着る服を前の晩のうちに着て寝たりもしていた・・・
昨日の新聞で、「パジャマを着て寝るのが一番安眠効果が高い(比較対象はパジャマ、ネグリジェ、Tシャツ)」と読んで、「Tシャツどころか起きている時の服のまま寝てるんじゃ、体にいいわけない」とめちゃめちゃ反省。

不眠症は、生活習慣病でもあったんだなあ。でも悪化要因に気づけてよかった♪
posted by しば at 22:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

「つもり」貯金、始めました

家計費、教育関係はまず子どもたち、次に夫のパラ(これも積み立て必要、って感じになってきた)の順に資金を回す。
最後にやっと私の英語教材。
まあ今のところは、自分の英語グッズが後回しになっても、子どもたちが進研ゼミを始める前に、インスピレーションで買った(決して衝動買いじゃないぞ)「感動する英語!」やら「ロイヤル英文法」シリーズなどで教材ストックはそこそこ満足。

でもこれから「通訳ガイド試験」「英検1級」・・・となったら、それ用の教材は必ず要る。最低でも「過去問」、ガイド試験向け用語集など・・・。

発音だって気になるぞ。
ほんとに立派な発音教材がたくさん出ているけど、資金が限られているから、英語の全音素をカバーし、息の流れの口腔図解説アニメもついたPronunciation Powerを購入希望。日本語版もあるようだが、私用はもちろん英語版だ。

「つもり」貯金のターゲットは、出かけた時の缶コーヒーその他飲み物代。小腹がすいたときの軽食代もなるべくカット。出先のコンビニ弁当も、土曜の昼だけ(下の子のバレエと重なるから)。出先の飲み物は、金曜夕方と土曜の昼だけを理想とする。
これらを基準にして、昨年まで同様、のどの渇きと口のさみしさに任せて飲み食いしている「つもり」になって、我慢できた出かけ回数分の飲み物代、軽食代を貯金箱へチャリン♪とする。

大体1回100円から120円。午前中いっぱい幼稚園や学校へ出ていた時は、今はネットカフェで(昼食オーダーして)幼稚園のお迎え時間までを過ごしたりするが、下の子が小学校に入ったら、このネットカフェ代も「つもり」に回せるぞ!!
3万ためて、Pronunciation Power(2枚セット)ゲットが第一目標。

お金がない、ともう嘆いたりしない。
ないなら、知らず知らずのムダを見直して、生み出せばいい。
posted by しば at 22:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

気合いも過ぎたるは病気、かももうやだ〜(悲しい顔)

昨日の夜は、子どもたちの寝かしつけ後は、一緒に寝ちゃった。
おとといが朝5時までのほぼ完全徹夜だったから。それも「英語やるぞ」の気合いを優に超えた強迫神経症的な徹夜。
パニック障害より、こちらのほうが深刻にさえ思える。

「昨日は寝ちゃった」とはいっても、英語の声出しはゼロじゃないぞ。30分以内だけど。
子どもたちが寝付く時に、JTやらCNNのニュースメールを音読。
携帯に同期させたメールアドレスで受け取っているので、布団にもぐったままでも文面が見えるし、片手で操作可能。
短い文からトピックを類推する練習にもなって、なかなかいい。

これまで、いろんな英語学習者のHPのサーフィンをしては、「○○さんくらいやらなくちゃ!!」と、自分と相手との生活環境基盤の違いを考慮せずに学習法や1日の学習時間などを鵜呑み実践してきたことに気づいた。
思えば「英語の達人」と呼ばれる方が「1日8時間英語に浸るのが理想」と唱えたものを見れば、昨年までの私は力づくでその8時間を捻出・実践して、その時は確かに達成感を覚えたが、少し経ってから自律神経を病んで、家族に多大な迷惑をかけ、ネット&IRLの英語仲間には心配をかけた。
8h/日英語漬け論、それを実践できる生活環境下にある方は「楽しく」実践ができるが、そうでない者が無理にでも英語のための8時間を作り出して学習したら、英語学習を支える土台部分(脳力、身体能力&健康、精神力)がもろくなる。運悪く壊れてしまえば、英語学習どころではなく、長い目で見てかえって英語上達の支障になる。

学習法などを参考にするならば「○×さんくらい時間かけて熱心かつ集中的に英語やれたら最高だけど、自分の今の実情を考えるとすべて忠実にまねするのは難しい。できそうなことだけ取り入れよう」で十分なのだ。
生活環境は、ひとりひとり違うのだから、学習法だって学習者の数だけあるのが当然。
しばは今まで「英語にあふれる生活環境」をムキになって作りこんできた気がする。本当は外に出かけたり友達と食事やお茶や世間話するのが大好きなのに、「英語のために」それらを無意識のうちに我慢して、対人関係が何となくギスギスしたこともあったっけ・・・

もっと、生活の中の英語以外の時間を愛そう。英語本体の力のUPは確かに大事だけど、人間的魅力を支える話題や経験量を減らしてしまうのはもったいない。

[参考]しば作・「英語の土台」図表
http://popup16.tok2.com/home2/helloshiba/eabilitychart.gif
posted by しば at 21:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いつでも健康☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

新テーマスタート

昨日、ついに病的不眠症が再燃した。
夜眠れない、眠りたくないだけでなく、昼間に眠くなってしまったのだ。
昼夜逆転が修正されるまで、英語はゼロにしない程度にごくごく控えめで、英語以外の時間を一生懸命生きて、(英語で語るための)話題の拡充。

-----------------

不眠症、パキシル服用を始めてから、昼寝はせずに済んでいたし、禁酒にも励んでいたけど、それでも再燃した。
「禁酒に励んで、薬もきちっと飲んだら、あとは小さな憎悪兆候でも見逃さないことだ」と先生はおっしゃっていたなあ。

昨日、夫は昼寝していた私を見て、「また夜中に英語やってたか?でも、夜中に英語するために昼間寝てて家の中が片付かないと、(英語に理解のない)母の風当たりが強まるぞ」と言った。
「今夜は、絶対寝るよ。体調が安定するまで夜の英語はお預けでもいい。もっと悪くなって、もっと長く安静にしなきゃいけなくなったら、長い目で見てかえって効率悪いもん」---と私。

今回はうまくセルフコントロールできたみたい。今朝は頭がスッキリしてる。
これからの夜勉強は、「日付変わる前に寝る」、「子どもの寝かしつけ後に気づいた時日付が変わっていたら観念する」を条件にしよう。---と思うけど、英語で何かしらけりをつけないと幼稚園のお別れ会リハに集中できなさそうで怖い。

「夜通し英語は体に悪いとわかっちゃいるけど、やめられない」のは強迫神経症。
「1日英語の声出し、発音トレを休んだら1週間休んだ分くらい下手になりそうで怖い」と思うこころがパニック障害。


[今日の英語果]
◎ヘレン・ケラー自伝収録&レビューを終えるまでは、おそらく英語の小休止も入れるの無理そうだ。あ〜不健康◎
☆"The Story of My Life"音読練習
昨日は昼寝したから夜勉は観念したが、その分今日は何としても英語を口にしないと、口がさみしくてサミシクテ・・・I miss you, English...な心境。
下の子のバレエの合間をぬって、車の中でこれまでスクリプトをはずしたpassagesのmemorization check。仕上げはもちろん目を閉じ耳をふさぐ。
子どもたちが眠った後、めでたく目が覚めたので、居間のコタツをつけて残りのpassage、一気にスクリプトをはずした。
始めの部分は新しいパートを覚える前にも繰り返しているし、終わりのほうは終わりのほうで文字を見ているうちやその日その日の音読練習の一番初めにwarm-upとして文字を見ながら通し読みしているので、気分が乗ってくるとread & look-up練習の文字を見て言う3回目くらいで自然と目をつぶって言ってたりする。
あとは、間違いやすいところの確認と、deliveryだ。

posted by しば at 22:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いつでも健康☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

「音のない暗闇」を体感

今日は子どもたちを寝かした後、目が覚めた。
意地でも英語やる!!
英語の全音素マスターとか、3h/日は英語漬けするぞとか、ネットの英語仲間のHPをサーフィンするたびに寒波も吹っ飛ぶ熱い決意表明メッセを見つけ、「しばももっともっと英語と仲良くして、彼らの談義の輪に入りたい〜〜」と頑鍛(=がんばって英語用の耳、口、思考回路、そして腹筋を鍛える)。


[今日の英語果]
☆"The Story of My Life"音読練習
今日は一番のクライマックスのpassageのスクリプトはずしに挑戦。
前半も、確実に何も見ずに言えるかのチェックも忘れない。
口はなじんできたけれど、微妙〜〜に、間違う。しかも間違いやすいところは決まっている。
「ヘレン・ケラーを音読する時は、目を閉じ耳もがっちりふさぐ」との条件反射が確立しつつある。「目や耳などが不自由だと、しゃべりも変わるのかなあ?」と不思議に思い、普通に文字を見ての読みと目を閉じ、耳をふさいでの読みとをICに録って聞き比べてみた。
目や耳をふさぐと、微妙にしゃべりが変わる。英語の発音的には不明だが、特に目と耳両方をふさぐと「骨で共鳴する音」が発生した。
光も音もない世界は、本当に怖い。怖いから、restlessになって、ちょっとの不快感でも荒々しい気持ちになる心境が、すこしわかった。
全文スクリプトはずしまで、あと、もう少しだ♪


実はこの日記、不眠症発作の中で書いている。
ホントの日付は7日の明け方4時ごろ。
この時間活動してちゃいけないこともわかっているけど、今だけは多少体悪くしてでも、気が済むまで英語の泉につかっていたいのだ。そうでないと、次のTOEICとか、英検1級などを受ける時にjump upできない気がする。

oral interpretationは、暗唱を目指すほうがドラマやってるみたいで楽しいし、以前は敬遠していた東洋史のテキストも、「日本史用語を拾い出す」を第一目的に据えて、自分でも信じられないほどに楽しく読んでいる。
以前興味を示さなかったものを楽しく読めるのは、英語力が伸びた証なのかなあ?
posted by しば at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

今日は進まなかったもうやだ〜(悲しい顔)

子どもたちの通院日だったが、思ったよりすいていて待ち時間英語ははかどらなかった。
昨日夫と行った病院では東洋史の英語文献を読んだけど、黙読だったし、すっかり口がなまってしまったようで恐ろしい。


[1/4 & 1/5の英語果]
☆"A Birief History of Chinese and Japanese Civilization"の日本史の項
縄文時代〜古墳時代(邪馬台国の頃まで)をskimming。わからない単語を飛ばし読みしても、小・中・高と細かさも3段階に分けて授業で学んだ日本史、正しく訳せなくても、授業の時の板書が、受験の時の用語集の説明書きが何となく脳裏に浮かんでくる。
「これは歴史用語だ」と思ったものに蛍光ペンを入れるまでを1/4に行い、1/5のネットがつながっていない時にHPビルダーでリストにまとめる。
☆「ハリー・ポッターと秘密の部屋」US版音読
1/5の子どもたちの寝かしつけ時に読んだ。
英語版を声に出したのは初めて。DVDは、少しだけ見たかもしれない。日本語版は最初の2章くらい音読した覚えあり。
子どもたちが寝付くまでに読んだのは、最初の10ページくらい。知らない単語は4割くらい(意味はわからないけど何とか読める語多し)。"○○××", ** whispered.と書いてあればそのせりふは当然whispering。
怒り、不快感を表す言葉のバラエティが豊富。ハリポタ講読人気に納得。
急には無理だろうけど、長い小説も楽しんで声に出して読めるようになりたいものだ。
posted by しば at 21:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

気づいたら、日付変わってたあせあせ(飛び散る汗)

居間にコタツを出してから、子どもたちが眠った後に居間にそ〜〜っと移動して英語をすることが多くなった。
コタツはもちろん、トイレや歯磨きのついでに暖めておく。
PCは、持っていったりいかなかったり。ネットラジオで英語を聞く時は持っていくかなあ。

で、昨日、「子どもたちが眠ったら居間に英語しに行こう♪」と決めて寝かしつけに入り、「やっと寝たぞ」と思って時計を見ると---12時5分(汗-汗)
次の日になっちゃった〜〜
でも、おとといも夜の11時に気づいて音読始めて、「感情別単語リスト」を打ち込んでUPした時には日付変わってたから、「昨日の英語時間はゼロじゃないよ」と、自分を慰めているところ。


[この日記入力前までの英語果:もういつの実践かわかんなくなってきた・・・汗]
☆"The Story of My Life"音読練習
まずは情感を気にせずに、各音素にこだわって、スクリプトを見ながら一度全体を音読。
その後、記憶を確かめるようにしてread & look-up。始めはone chunkごとに、次第に一文、ワンシーン、最後にこれまでにスクリプトをはずしたpassage全体をそらんじられるように持っていく。おととい苦戦した文も、今日はだいぶ滑らかに言えるようになった(ニコッ♪)気をよくして、もうワンシーン分スクリプトをはずすことができた。
仕上げのrecitation trialでは、目を閉じるだけでなく耳もふさいでみた。ヘレンのどんなに努力しても(健常者から見れば、物理的に)どうすることもできないbarrierを少しでも体感すれば、自然に情感がこもる気がしたから。
音読練習を終えたら、ASAPで修業記を打ち込んで寝たかったが、ネットがつながらない(涙)「後ででいいや」と思ったら、目を閉じ耳をふさいで練習して感じたことを忘れそうで怖くて、通訳ガイド挑戦記をHPビルダーで書いて(未転送)ネットがつながるのを待った。不健康〜〜〜
どこかに休息を入れて、調整しよう。
posted by しば at 21:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

ドコモポイント謹賀新年ドコモ提供

みなさん、明けましておめでとうございます!
お正月はリフレッシュ期間ですか?それとも「正月」の文字を心の辞書から消して英語修業ですか?
いずれにせよ、今年も有意義な年になりますように!!

私の場合は後者を目指したけど、今日の英語果は昨夜からの年またぎ英語漬けのみに終わった。残念〜〜〜!!!

[年またぎ英語のメニュー]
☆12/31/04:"The Story of My Life"音読練習
紅白歌合戦の「マツケンサンバ」をビデオ撮り終了後から始め。何度か声に出してみるうちに、ヘレン・ケラーのことばが体になじんでいかないのは、自分が闇の中にいない(=目が見えている)からのような気がしてきた。
今月末までに暗唱完了を目指しているが、早速スクリプトはずしを開始。英語劇の台本を覚える時以来のread & look-up(文字を見て何度か練習した後に、文字を見ずにそらんじる練習法)を実践。目の見えないヘレンの気持ちに近づくためにも、look-upはテキストから視線をはずすのでなく、目を閉じて行う。
1文丸ごとも不安なので、意味のまとまりごとに少しずつread & look-upを行い、だんだんそらんじる文を長くしていく手法を取る。最初の1パラグラフはスクリプトをはずしても言うことができた。
☆01/01/05:CNN聞き流し
しみじみ聞いたというより、「英語シャワーを浴びた」という感じ。聞きながら雑感日記ブログにアバター(=onlineの着せ替えできる自画像風画像)を組み込んでいた。オイオイ・・・(汗)

元旦夜も、「元旦=頑鍛(がんばって鍛える)!」と気張って英語するつもりだったが、子どもたちを寝かしつけながら自分も力尽きた。悔しい〜〜〜
でも、昼間「実業団駅伝」に見入ることなく、子どもたちと郷土かるたをしてちょっとアカデミックに過ごしたので、「昼、夜の英語はできなかったけど、日本事象には何とか触れた」ってことにする。
posted by しば at 22:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。