現在の閲覧者数:

2005年03月31日

はじめのいっぽ

4010942819.09.MZZZZZZZ昨日、思いついたように購入した「英検1級教本」。
思えば過去4回の英検で「教本」を買ったのは2級だけだったなあ。
あとは全問題集とか予想問題ドリルが多かった。
準1級は、英検用の教材ではなく、大学の教員試験講座で出された専門教養用プリントで勉強していた記憶がある。
---といっても、これらのデータはすべて過去のもの。

新傾向初の英検チャレンジ、初TOEIC以上に緊張していたりする。
平常心、平常心。
さあ、がんばろうパンチ
posted by しば at 10:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC/英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

偕楽園紹介英文・収録感想

今月一番の課題、何をおいても絶対やると決めていた偕楽園紹介英文の暗唱、やっと終えて.wmvビデオに収録した。(PCのみで視聴可です)
ウェブカムで撮ったものだが、最近辞書系ROMを多く入れたり、デジカメを買い換えてからビューワーソフトの容量もかさんだのか、詩の暗唱を撮った感覚で録画すると、細切れに保存されるようになってしまった。
1コマあたりのファイルサイズは、HDDの空き容量で決まりますと設定画面に出ていたが、こういうことだったのか・・・

夜更けから収録を始めるから止むを得ない要因だが、キャプチャ画面を見てまず思うことは、「暗い」。
英語を言っている光景を撮るならば、じ〜っと見れば舌先の位置、口角へのテンションのかけ具合、下あごの位置がわかるものでないと自分の練習にもならないし、英語仲間たちの参考資料にもできない映画
夜更けにビデオ撮りは、やっぱり間違いだ。以後は日のあるうちにしよう。

カラオケ発音に関する反省

各音素の発声、とっても大ざっぱ。フレーズ最後の子音は何とか響かすことができたものの、出だしの子音は全然弱い。
ピアノ経験者のしば、英語を言う時はピアノを弾いている時の感じを思い描いていることが多い。強勢のない音素がいくつも続くリエゾン部分は、複雑なトリラントを弾く気持ちで口にする。
それよりも映像を見て思ったことが、口元にしまりがないがく〜(落胆した顔)
カンマやピリオド後、息も声も出ないわずかな間のあいだの、「しゃべり出しのホームポジション(=どこにも力をかけずに唇を閉じた状態)」ができていないのだ。
鼻水・鼻づまりになりやすいという器質的要因もゼロではないが、子どもの時から母に注意されてきたことだ。
それにホームポジションからはじめ、ホームポジションに終わるを会得できたら、日本語の音読技術ももっと伸ばせそうに思う。


実際話す時には注意を払う余裕がないかもしれない「口形」、話し始めれば「そういう語り口」で流れていきそうな英語の発音、日本語の滑舌。発表の場のない間に、これらをじっくりじっくり見つめて鍛錬に励むことにしよう。
もう語学学校に行く時間とお金のなさは嘆かない。自分の話し方を客観視するために神様がくれた時間を、ありがたく楽しませてもらう。

偕楽園紹介英文について
posted by しば at 02:15| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

しば、力尽く

昨日の朝、上の子を早く起こしてから、体に異変。
ちくちくと胃が痛くて食欲がわかない。
起きているのがつらい。布団を見るや否やまっ平らになって死んだように横になる。
熱も出ていた。低体温気味な自分にとって、37度台でもかなりつらい。
頭痛と腰痛で、「床の中でも英語」って気持ちはわかず。

そういえば、1週間前は下の子がこんなふうに発熱して、食事がとれなくなったっけ。
うつったかなあ?
9時に病院が開いたら診察に行く。


診察結果
posted by しば at 13:09| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

脳にもオフを

先週土曜日から続いた下の子の発熱。
のどの痛み、嘔吐、腹痛・・・と主症状が毎日コロコロ変わり、発熱から4日目にインフルエンザとわかった。
抗ウィルス剤吸入を始めると、次の日には平熱にもどった。
「怪しいな」と思いながらも自己判断での投薬は危険だし、親子ともども眠れぬ夜だった。

熱が下がってからも、上体が起き上がってしまうほどの激しいせきで布団から飛び出すこともある娘。
布団に戻し、布団を直し・・・で、しば、また不眠症気味。
一度寝入ってしまうとなかなか目が覚めないし、「朦朧とした意識で夜の子どもの世話をするより、眠らないほうがマシだ」とさえ思う。仮眠をとっても、着どこね。
自分の布団を敷かないときもあり。

そして昨日の通院時、ついに英語教材を荷物から取り出した。
代わりにビーズセットを持っていって、作りかけモチーフを仕上げる。
beading0305.JPG
家に帰ってからも、英語はすっからかんで妙にビーズモードだった。
新しいデザインにも挑戦した。がんばって仕上げたらすごく爽快。新しい自分に出会った気分ぴかぴか(新しい)

今週の英語は、「意地でも○○をするぞ」と入れ込まないようにしてみよう。
自然と手が伸びる分の英語にとどめて、英語以外の時間をじっくり大切に味わおう。
posted by しば at 11:15| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | いつでも健康☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

小さな進歩・・・かな?

先週末から連日、下の子を病院へ連れて行っている。
昨日は丸一日点滴だった。
「点滴の付き添い時は英語かきいれどき」なのだが、それは患児が眠っていればの話。
下の子の場合、退屈しのぎ手段は主に絵本読み(日本語)。当人が飽きるか眠るまで、何十冊でも読み聞かせモードで読む。ストーリー絵本ばかりだと、キャラクター作り演技に疲れることもある。

メモ昨日の英語記録

音楽Daily Yomiuri音訳CDから時事用語聞き書き
睡魔に負けて、量はこなせなかった。
が、以前聞き書きを試みてちんぷんかんぷんだった記事(イラク総選挙関係)に再挑戦。
固有名詞は中東情勢そのものに明るくないため、耳を素通りちっ(怒った顔)
でも、選挙の勝敗に関する用語や、政策関係のフレーズは、どうにか書き留めることができた。
これも、小さな進歩かな?


夜の寝ずの番のかたわらで、前にHTMLで書いた単語帳(リストの半分くらい)をエクセルに移行し、PDFにリニューアル。
エクセルは、罫線を引くのがしんどいが、改ページは楽だ。HTMLのようにページ追加をするたびの全ページリンク修正が不要!!
エクセルファイルを上書き保存し、ファイル→印刷→いきなりPDFの順クリックでPDF出力すればローカル部はできあがり。
「英語で話す日本」の単語リストや音素別レポートも、PDFで作る予定。
これで少しはPCファイル作成時間を減らして、英語本体に充てられるかなあペン

初のPDF作品
posted by しば at 08:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

スギの生態

英語学習日記に植物学的タイトルの記事を書くのには、理由がある。
昨日の夜から書き始めて、途中眠ってしまって、今朝方仕上げた英文日記で、どうしてもこれを調べる必要があったのだ。
偕楽園の名物・ウメがほころぶこの季節、桜の前にもうひとつ、非常に地味だけど忘れてはならない木の花のこと・・・
常緑樹、裸子植物、風媒花かわいい

答えはスギ。
スギ花粉症の話題を英文日記に書くうえで、正確な情報を書くために、「スギの生態を正しくつかみたい」と強く思った。
花粉を出すのは雄花であること、雄花の色は茶色ということは知っていたが、スギの木の花がどのようにつくかは知らなかったことに、推敲を通して気づいた。

植物解説系のHPで「スギ」を調べる。「白岩先生の植物教室」がスギの花のつき方についてとてもわかりやすい説明をしていた。
ウェブページの写真を見ながら英文日記をさらに推敲。
サイトから知ったスギの生態で、英文日記に盛り込んだものは次の2点:
1スギは1本の木に雄花と雌花が別々に咲き、木によって雄花を多くつける木と雌花を多くつける木がある
21輪の雄花は400万個の花粉を放出する

杉林の写真があればなおいいな。場所も押さえてある。
英語を忘れてカメラ小僧と化しつつあるしばカメラオイオイ

3/20/2005の英文日記本文
posted by しば at 22:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

花粉症襲来

卒園式が済んでホッとした翌日から、花粉症にさいなまれている。
おととい、昨日と、昼間に猛烈に眠くなって2時間くらい昼寝。
鼻水、目のかゆみも目立ってきた。目のかゆみは特にひどく、かゆみを通り越して痛いほど。
裸眼なのに、わざと曇らせたレンズのめがねをかけているみたいな気分。

くしゃみ、鼻水もかなりひどいし、のどにも違和感。当然、声も通常時と微妙に違う。
昨日は何とか気力をふりしぼって英語の声出しをしたが、「英語ができて幸せ」感からは程遠かった。ノルマをこなしてホッとしたダッシュ(走り出すさま)が正直な気持ち。

メモ花粉症の中での英語記録

本偕楽園の紹介英文音読
最後のパラグラフを練習し、全体練習に進む。
が、全体を通してみると、途中で忘れてしまう。
第3パラグラフからが怪しいので、後半2パラグラフだけを復習開始。
ビデオ撮りできるのはいつだろう?顔も変わってるし・・・
(写真)花粉症ニモマケズ
posted by しば at 07:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

CDを作ろう

電気屋さんの安売り期間に、CD-R30枚をまとめ買いしていたことに気づく。
Daily Yomiuriの音訳でCDを作ろうと思って買ったんだっけ。
聞き流し9割、聞き取り1割の利用率だが、1月に購読を始めてから、楽しく続いている。
全トップ記事ではないが、しばが日本語で見聞きしてわかる範囲でDLして、CD化している。

聞き取りは、出先での時事用語聞き書き。昨日は耳鼻科の待合室でポータブルCD片手に2本分書き取りをした。今までに15本分(途中で音声が途切れたものもあるが)聞き書きしてきたが、7本目からは下書き帳になぐり書きのままなので、見やすくまとめないとペン

聞き書き手順音楽
1まずは記事1本分の全体を聞く(3回くらい)
2聞き取れて、つづりが浮かんだ語句に出会ったら、CDを一時停止させてノートに書き取る
31と2の工程を数回繰り返し、「今の自分の精一杯だ」と思ったら次の記事に移る


ネットの感度が安定しているうちに、記事のDLをしよう。
新聞記事は生もの。バックナンバーだって、いつまでも公開されてない。
毎日コツコツDLすればいいのだが・・・
posted by しば at 14:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

来年度の試験計画

来年度は英検に取り組むか、TOEICにするか。
何もせず悶々と迷うより、2005年内の英語試験日程を書き出してみる。

まずは英検。
第1回出願締切 5/19
第1回1次試験 6/12
第1回2次試験 7/10
第2回出願締切 9/22
第2回1次試験 10/16
第2回2次試験 11/13


TOEICはどうだろう?
3月は受付締切。
7月と9月は子供の行事と重なる可能性大なので出願しない。
何とか受けられそうなのは、5月と11月。
5月は5/29。(現在受付中。4月中旬締切)
11月は11/27。

5月、11月両方とも見送れば、次のTOEICチャンスは翌年3月だろうなあ。

子供行事との兼ね合い的には、英検のほうが安心して臨める。が、1級2次の試験内容を見て、「集中講座に通いたい。通わないと不安だ」と感じた。
でも、受ける前からおののいてどうする??
時事用語も、日本事象も、文章構築だって、英検1級用ではないけれど、少しずつ取り組みを開始しているじゃないか・・・
英文日記、先月末から始めたaudio edition(日記音読音声)をvideo editionに進化させることで、即スピーチ練習になるさひらめき

胸を借りるつもりで挑戦してみよう。10月の1級。
結果を狙いすぎない程度に、ロックオン位置情報

posted by しば at 16:08| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

紙刷り英和辞典の付録

卒園式を2日後に控えて、あわただしい日々。
おまけに息子が2学年終了間際にお友達といさかいでちょっと冴えない。
最近「満足するまで英語やった」と思えるのは夜中か明け方ばかり。明るい時は聞き流しか待ち時間音読が主力。

メモ今日の英語記録

ペン英文日記
昨日の夜から打ち込み始めて、転送したら音読してみる。文章量を見て目標収録時間を決める。その時間に収まるようにスラスラかつ英語に聞こえる発音で、表情もつけて読む。
声に出してみると、文法・語法の間違いに気づきやすい。気づいては推敲し、再送信し、また声に出してみて、収録して・・・・の繰り返しカラオケ
本文は公開中だが、音声はこれから再録音して添付。
噂の英文日記(写真入りカメラ


今日はプログレ第4版を何となくパラパラめくっていた時に、とってもうれしい大発見。
表紙とびらと巻末の付録に、英語の各音素の発音の仕方がとても詳細に書かれているのだ。
口腔図や口形写真はさすがになかったが、
「無声音は気音(息の音)が聞こえるが、有声音では気音は出ない」という、周波数分布図(wave surferを「spectrogram」「speech analysis」モードにすると見られます)でかろうじてわかるレベルの記述まである。
すごいや・・・すっかり忘れてた。単語や熟語、用法を調べるだけじゃもったいない。
わざわざ教材を買わなくても、音素単位での発音練習は、英和辞典の付録をよ〜〜く読めばできるんだ。何かすごく得した気分かも黒ハート
Pronunciation Power1&2と英英もついた音の出る電子辞書は、メーカー次第だがだいたい同じ価格帯。英語学習基金の活用法も、一気に広がったぞふくろ

この「音素別発音の仕方」は、何と中学生用の英和辞典にも載っている。15年前の版の「チャレンジ英和辞典」にもある。
発音は、やっぱり抑えなければいけないものなんだ。そして、決して特別なものでもない。
「発音教材欲しい、でもお金がない」時は、英和辞典の付録欄を見渡してみよう。だまされたと思って・・・・・・さ目
posted by しば at 14:26| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

英検が先か、TOEICが先か?

昨年度はTOEICを上げることができなかった。
リスニング、リーディングでは別々に最高スコア更新を果たしたが、安定した伸びはなかった。どちらかが上がるともう一方が下がって、せっかくのUPが相殺される形でのスコアキープ。
toeicresult.GIF
01/2004と11/2004、ともに765。L/R比は下記の通り:
01/2004 音楽420 本345
11/2004 音楽375 本390

ちなみに09/2003から01/2004の間も、リスニングとトータルスコアは上がったものの、リーディングではスコアを落としているのだ。

同じスコアUPなら、リスニングもリーディングも同時UPで決めたい。
---と思うがために、来年度の試験計画で大きな迷いが生じている。それは
英検1級に照準を変えるか、それともTOEICでもっと粘るか?
どこかのサイトで見た「英検級−TOEICスコア換算」は、英検1級の合格率が(TOEIC)800台後半で4割、安全圏は900以上・・・だった。
ちなみに英検準1級の安全圏は800だそうだ。ということは、TOEICスコア的に判断して今の準1級の安全圏にいないのだがく〜(落胆した顔)

TOEICは確かに試験回数が多い。水戸でも2ヶ月に1度は行われている。合否制でないので、多少できが悪くても比較的早く立ち直れる。
ただし、子どものメイン行事にモロに重なったり、すごく接近したりも多い。
対して英検。1次が6月、10月、1月だが、1次だけなら子どものメイン行事まではそこそこ日がある。しかし1次結果発表から2週間くらいで2次を迎えるので、2次のための準備が心ゆくまでできるか不安。

英検1級に関しては、家計を考えると少ない回数(できれば一発)で合格しないと家族に対して後ろめたいようで、これまで出願を躊躇してきた。でも、TOEICでスコアやL/R比変動に一喜一憂を続けるよりは、「生ものでない(=一度合格すればずっと残る)」英検1級に向かって邁進するのも悪くない、いや、そのほうが前向き、熱心、ハングリー精神を持って英語修業に臨めるにちがいない。
何度受験を重ねても、家族の支援が得られるならば。金銭的にも、その他の面でも銀行
---とここまで打ち込むうちに、やっぱりTOEICも捨てがたくなってきた。合否制の英検だと、「受かるのならスレスレででもいいや」と開き直って、ていねいに準備をしなかった過去が蘇る。その点TOEICは5点刻みで出るので、「1問1項目を大切に、取りこぼさないように」って気持ちを高められるところが好き揺れるハート

みなさんなら、こんな時、英検1級とTOEIC900台、どちらを先に目指しますか?
posted by しば at 15:36| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

今日の英語記録

本偕楽園の英文紹介の音読
お別れ会明け初の英語の声出し。
大雨だったので、子どもを学校へ迎えに行った車の中で、第3段落までスクリプトをはずした。
発音、ゆっくりなら何とか保てているという感じ。少し速く言うだけでスラスラ度がガタ落ちしてしまう。3/5に「お知らせ」って日記を書いてからは、英語は聞き流ししかしていなかったから、それがいけなかったようだ。
英語が(特に声出しが)あって普通でいたいけど、緊張してたのかな?平常心が保てていなかったなあ。
また、仕切りなおそう。


今月は何か物入り。
やたらと買い物が多い。「今ゲットしないと損カバン」と感じるものにやたらと多く出会う。今日だけで、下の子の服、いきなりPDF、そして「ふたりはともだち」の原版絵本。
偕楽園紹介が終わったら、「ふたりはともだち」の小品にとりかかろう。コメントについて、補足
posted by しば at 22:14| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

蔵書&旧版ソフト整理

お昼に「玄関前のクローゼットをもっときれいにして」と母からご指摘。
そこには、何と英語教材本&TLT ROMなどがごちゃごちゃに詰め込んである。
「とにかく部屋の地べたに置かないようにしよう」だけのために入れてあるので、機能性とか探し易さなどは何も考慮していない。
クローゼットの中をきれいにするには、英語教材類の行き場を作るのが第一歩。

んで、2階の作りつけ書棚の古びた本、発行年度の古い辞書、大学時代の文学のテキスト(原書は除く)、変色したプリント類あせあせ(飛び散る汗)などを、一気にひもで束ねて運び出した。
こんどの資源ごみの日に出す予定。
まだ子どもの幼稚園や学校の昔のプリントファイルが残っているので、それも運び出すつもり。

本棚1段分古本を整理し、棚を乾拭きする。
唖然とする汚れ具合がく〜(落胆した顔)
本以外の小物も整理できたらいいなあ〜と思い、まずは旧版のアンチウィルスのROM+説明書を処分。リカバリCDやすぐ使う見込みのない付録ROMなども、厚みのある箱(しば'sソフトの場合、HPビルダー8の箱とNIS2005の箱)に一まとめにする。
デジカメも買い換えたのだが、旧機は子ども用にすべく、付属品セット箱は上の子の机下に引越し。新機の携帯法は、ちょっと懸案事項なものの、PC関連小物の引き出しの中はすっきりわーい(嬉しい顔)

英語に接する時間、少ないなあ。
ネットラジオやDaily Yomiuri音訳を聞き流しするのが精一杯だったりする。手作業との同時進行ができるから。お別れ会事後作業、下の子の入学準備もあるんだった・・・
本棚や学習空間が片付いていくのをみるのは気持ちがいいから、今月は可能な限り英語を聞きながら片付けをがんばることにする。
英語本体のがんばりは、よい基本的生活習慣の土台があってこそ輝くのだから。

片付け完了後の新たな世界が、すごく楽しみ黒ハート


posted by しば at 22:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

啓蟄

昨日に引き続いて朝勉成功!!
下の子のトイレの後に体が動く時計
---ということはおとといまでは冬眠期間だったのか??
しばはカエルか?熊か?リスか?カメか?ハムスターか?ヘビか?
冬眠する動物・・・しばをたとえるなら、どれっぽい?
リスやハムはかわいいね。カメが語学修得には一番むいてるようだけど。ヘビとカエルはどうだろうなあ?

今日の朝勉メニューは、「読み方.com」から新聞記事音読ファイル集め。
勉強でなくて、作業だね。
700MBのCD-Rに家電モードで収まるくらいにフォルダを作って格納(1つのフォルダが16MBくらいになるように音声ファイルをまとめると、80分弱の家電で聞けるCDになる)。
CDに焼き付けたら、聞き流しまくる。
CDを作ってしまえば家事中でも食事中でも聞けるぞ手(チョキ)
ポータブルCDで持ち歩くこともする。

でも、聞き流しっぱなしじゃだめだね。
じっくり精聴して、書き抜き+辞書引きで、時事用語集作りも忘れずにメモ
下書き帳に書き抜いた用語の辞書引きとHTML打ちを、とりあえずがんばろう。
posted by しば at 06:33| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

初採寸

目標体重:50.0kg
目標までの残り:+0.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:49.6kg
体脂肪率:23.4%
BMI:19.9
食事
朝食
チキンカツサンド、エクレア、コーヒー
昼食
惣菜パン、魚肉ソーセージ、コーヒー
夕食
カレーライス、焼き魚、ブロッコリー
おやつ
ココア
今まであまりの寒さに計測する気になれなかった。
---というのは、しばの体重計測、上半身は肌着1枚またはカットソー、下半身はショーツ1枚で素足で行うのだ。着衣の風袋値を少しでも下げるためにブティック

朝方は寒くても、昼間は何となく空気がぬるんできたので、思い切ってボディと脚の採寸をする。恐怖!!だけど、英語deシェイプアップの実践だ。
shiba, face yourselfがく〜(落胆した顔)

今回、体重が50の大台を割ってもちっともうれしくない。
体脂肪率がかえって上がってしまったのだ。
---ということは、この体重減は筋肉が萎縮したため??
だから何となく寒気がするし、疲れやすいのか。
しばの採寸データ(度胸に自信のある方のみどうぞ)
posted by しば at 12:53| ☀| 普通普通| Comment(2) | TrackBack(0) | いつでも健康☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

語学ボランティア研修会報告

昨日の語学ボランティア研修会。本当に内容盛りだくさん。
雪が残る中だったが、「今日、元気でよかった」と思えた。
一晩じっくり寝かせたリポートです:

全体会では、国際交流協会のオファーの実績発表と今後の展望のお話。
また、災害時ボランティアの役割について、「茨城も有事には外国人居住者の助けになれるように」と、新潟大地震での各地の国際交流協会の実績を交えての訓話。
茨城の国際交流協会の「各国事情紹介部門(茨城在住の外国籍の登録者で構成)」も、別日程で積極的に活動しているとのこと。

分科会は、ホームステイ部門と通訳・翻訳部門に分かれる。
ホームステイ部門は日本人ホスト家庭代表者と在日外国人代表者の事例発表。
通訳・翻訳部門(しばの参加したほう)は、英語で実働されているゲスト講師のお話。事前に配られた講師プロフィールでは「フリーランス通訳」となっていたが、実際は東京都のJICA技術研修員向けコーディネイター。
それでは講義詳細☆
1東京都の「語学ボランティア」事情
東京都では、自治体が関与する「語学ボランティア」は、「防災ボランティア」と呼ばれるもののようだ。ちょうど茨城の「災害時ボランティア」が特化したものという感じ。
2コーディネイターの仕事内容と役割、必要な資質
コーディネイター、つづりはcoordinator。役割は海外からの技術研修員と講師役日本人(個人や法人)との調整役。ご本人は「コーディネイターとは研修員にとっての日本の特命全権大使」とおっしゃっていたが、私にははじめ、「通訳者と翻訳者と通訳ガイドを一手に担っているようなお仕事」に映った。
が、実際コーディネイターは「JICA技術研修員の方が最初に出会う、そして日本滞在中のオンタイムをほとんどともに過ごす日本人」ということで、「通訳者+翻訳者+ガイドのような仕事」だけではとても収まりきれない重責と大きな使命を持った仕事。そして、「主婦感覚のきめ細やかさがとても生きる仕事だなあ」と感じた。
3コーディネイションに必要な語学力
各国からの技術研修員と国内講師とのよりよい仲立ちのためには、研修員の方の母国の事情や講義の題材に関する専門知識が必要、と強調されていた。
英語本体の力だけでは太刀打ちできず、海外事情をさらに深く学ぶために、社会人学生として大学院に通われた・・・とも。
専門用語も多数覚えなければならないし、雑談向け話題やトリビアも多く持っている必要がある。移動の時は常に日英の新聞を携帯して読み、どちらも特に注目した記事は「絶対につかえずに」を目指して声に出して読まれるとのこと。
そしてとても気持ちを奮い立たせたことが、「事象を自分の目で見て確かめるための海外旅行」。「趣味のひとつです」とおっしゃっていたが、それは時に研修員の母国での私的交流であり、個人の研修視察。観光旅行とは明らかに一線を画す武者修行的な旅行だなあ、と思った。
4英語修業に関して
英語の勉強は趣味。実働歴、単純計算で通算30年超。これらの意味するものは「中学で初めて英語の授業を受けて以来、英語とはいつもともにある」というとてつもなく偉大な経歴。
「英語は大好きだったけど、学生時代の英語の成績はトップではなかった」と強調されながらも、「スコアでトップになれないなら、不屈の継続心で誰にも負けない」一心で子育てと英語学習を両立させて現在の職に就いた。
(外出)予定のない日は一日中英語の勉強をしてもあきないほどの英語の虫。その怒涛の英語修業を「コツコツと何かをするのが好きなの黒ハート」と涼しく笑って語られる様子にさらに圧倒される。学習記録ノート、ちらっと見せてくださったが、とてもていねいにまとめられている。しばの「○○下書き帳」とは大違いふらふら
しばはノートの段階できれいにていねいに書かないからHTML打ちで時間のロスをするのかなあ?整理整頓ができてないから「ノートだとどこかに紛れ込む。モノが増えて片付かなくなる。だからPCにしよう」とヘンに開き直ってますますノートテイキングが下手になっていくこの悪循環バッド(下向き矢印)
また最近、NHKのラ講がお気に入りだそうだ。特に杉田先生の「ビジネス英会話」は連載英作文など隅々までくまなく学習されている。「スキットに出てきたフレーズの語源や背景トリビアを調べるのが楽しい」とおっしゃっていた。


前日に降った雪を一気に解かすほどの熱気に満ちたお話だった。本当に国際交流協会の建物周辺の雪は解けたかも。
「その熱意はどこからくるの?」の類の質問も多く寄せられた。
回答での「勉強すればするほど、自分に自信がついていく」、「英語を続けたからこそ見ることのできた世界があり、出会えた人たちがたくさんいる」のお答えに、「私が彼女と同じ世代にさしかかった時に同じ言葉を言えるようでありたいな。言えるようになろう」と心に決めた。
posted by しば at 23:42| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン/セミナールポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

お知らせ

今日の国際交流協会での語学ボランティア講習会のリポートを上げたら、少しの間更新を休むことにする。
---というのは、本番を控えているのだ。
幼稚園のお別れ会。幼稚園ママとして最後の余興の舞台。
いまさら代役を立てられないし、自分が欠けたら演目が総崩れになる。
体調面も万全にして迎えたい。もう、次がないんだから。

演目:マツケンサンバ
男物の着流しを着て、マツケン役をします。


英語は、出先待ち時間や細切れ時間には勉強していくけど、「本番が済むまで英語の話題を書かない」という意味での更新小休止眠い(睡眠)
posted by しば at 09:30| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

子音音を「見せる」☆/l/編

おとといは出先英語のみ、昨日は英語成果ゼロだったもうやだ〜(悲しい顔)
参加MLで「目標達成!!」報告ラッシュで、読んでいて自分のことみたいにうれしい黒ハート
---もつかの間、「こんなにがんばってる人がいるのに、しばはTOEICひとつ上げられない身で機械いじりやウェブデザインに興じていていいのかなあ?」と、心なしか肩身の狭い思いがよぎる。
だから今はどうしても写真つき記事を1本上げたい。学習者のままで終わりたくないもの。英語に取り組む方々に勇気を与えられる作品を、少しでも多く残したいもの・・・
断末魔の叫びのような声や、ホラーな英語練習中の顔写真、時には見る者に吐き気を起こすビデオ映像(ビデオはYahooグループとCiecle Player登録者のみです)も、「よりダイレクトに伝えるため」に勇気を持ってネットに上げている。

前置きはさておき、/l/の音は「舌先を上あご側に持っていく」のが口形のポイント---との日記を見つけた。
記述どおりに口形を作ってみる。
/th/の口形を基点にして、
thform.JPG
舌先で上あごを上向きにこじ開けるような気持ち。
lform.JPG
/th/の時より口角に内向きの力がかかり、舌の両側のへりも若干上向きに丸まるかな?
口形に注意して、強調語や文のキーワード(強く発音される語)をoverpronouncing+超低速から練習。

ただ、/l/の音は二重子音にも使われるので、実際には「お手本どおり」の口形で発声されるのかな?との疑問がわいた。
それで、/l/の音を含む文章の練習風景をデジカメに収めてじっくりチェックカメラ
(注:写真は赤字部分を言ったところです)
1Kairakuen is one of the three historically-noted gardens in Japan〜
weaklsound.JPG
2The name of the garden "kairaku" means "to share pleasure with people",〜
stronglsound.JPG

1番目が「弱い/l/」、2番目が「強い/l/」。
wave surferその他解析ソフトで周波数分布図(spectrogram)で/l/の音を映してみると、周波数(=息の強さ)は強勢の有無の影響を受けないのだ。---ということは、アクセントがあってもなくても、舌先が上の歯の裏につき、口角に内向きのテンションがかかっていなければ/l/の音にはならない。

ドコモ提供それでは、しばの口形チェック、よろしくお願いしますドコモポイント
posted by しば at 00:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

待ち時間英語の日

目標体重:50.0kg
目標までの残り:-1.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:51.4kg
体脂肪率:22.2%
BMI:20.6
食事
朝食
お好み焼きパン、から揚げ、ミルクティー
昼食
カツサンド、スモークチーズ、コーヒー
夕食
ごはん、いか塩辛、けんちん汁、ほうれん草おひたし、ロースハム
おやつ
肉まん、緑茶
今日は外出予定が盛りだくさん。
朝は幼稚園のPTA会合。一人一役・係活動の年度末反省会。
お昼にはお別れ会の合同ステージリハ。各グループごとの時間計測つき。
園児のお帰り後は、急遽女の子有志のバトンチームの練習。今日になって「お別れ会で踊って欲しい」とオファーを受けてのことだ。
そして、夕方は真ん中の子の剣道・・・

細切れの待ち時間は、少しでも英語をするようにしている。
荷物にならない程度の英語グッズはいつも携帯。一番コンパクトなのは、携帯携帯電話
PCメールを同期して、英文ニュースメールを読む。
でも一番スッキリする英語メニューは声出しだ。普段使うのと違う言葉を口にすると、異次元空間にワープするような、不思議な気持ちになる。

メモ今日の英語記録

ドコモ提供偕楽園の紹介英文の音読
しばらくぶりの音読になる。「じゅげむ」の件が流れになり、お別れ会はマツケンサンバに集中できることになり、ホッとしての英語声出し。
昼間何気なく英語学習HP&ブログをネットサーフィンしていたら、/l/の音の口形に発音についてとっても興味深いことを書いた日記を見つけたので、/l/のつく語を言っている時の自分の口形撮影も盛り込む。


せっかく口形撮影をしたが、子どもたちが寝た直後から腹痛がしてきて、少し前に下痢した。
今日はこの日記を送信したら休む眠い(睡眠)
顔写真は、後日新記事とともにUP---ということにする。

posted by しば at 22:51| ☀| 不調不調| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。