現在の閲覧者数:

2005年09月11日

選挙

今日は選挙の投票日。

今回の選挙は、前よりは政見放送を多く見て、投票前に気持ちの整理をして、投票に臨めたと思う。---自分は無党派層なのは明らかだけど。

無党派層が投票する政党や候補者を決める時の基準は、大きく分けて2つ。個人的に好きかどうかと、政党のマニフェストに共感できる部分があるか。

小選挙区と比例区では、比例区の投票政党を決めるほうが難しい。もともと支持政党が不定なんだもの。

それにしても、刺客ってことばを国政選挙の場で聞くのは辛かった。時代劇の仇討ちの場面を連想してしまったよ。せめて、メディアに向けて語る時は「対立候補(者)」にとどめておけなかったかなぁ?

ちなみにうちの子供たち、「郵政民営化反対」を唱えていた。町の郵便局がなくなるのはいやだ、と・・・

もし、郵政事業が民営化になったら、郵政公社もJRみたいにいくつかのブロックごとに分断されるのだろうか?そうしたら、はがきや手紙の消印、どうなっちゃうんだろう??
posted by しば at 22:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。