現在の閲覧者数:

2006年03月30日

聖書の筆写

・・・今週の私の英語学習(=私の中での位置づけは「活動」なんだけど)、聖書読みが軸になっています。

なんというか、聖書を読み始めてから、体質が変わったように思います。
朝は日が昇るまで寝ていたいし、夜も、たとえ英語のためといえども、遅くまで起きていたいと思わない眠い(睡眠)

聖書読みの具体的方法ですが、現代語版の聖書のくだりを、意味のまとまりごとに改行して、チャンク・リーディング向けにノートに筆写し、空いたところに逐語訳を書き込んでいきます。
こんな感じ↓
seisho_hissha.JPG

家にいる時は、食後の休憩時間に、お茶を飲みながら筆写や読み下しをします。出かけ先の待ち時間にも同じことをします。
子どもたちが休みの現在は、子どもたちとのおやつの時間にも、お茶を片手に作業することも喫茶店

この地道な聖書の筆写作業、鎮静効果非常に大なんです。
たとえは悪いけど、写経をしているような気持ちになります。
特にモーツァルトをバックに書き写したり、読み下したりすると、アルファ波が、マイナスイオンが、全身を駆け巡るのを感じますぴかぴか(新しい)

「聖書の読み下しをブログに書く」と以前の日記で宣言しましたが、ブログにUPするのは、親業に通じそうなくだりを含む章に絞ろうと思います。
そして、聖書を読んで気づいたこと、新たに知った表現などを、ここに書き留めていこうと思います。

[click!]小心者の私に、応援クリックを…人気blogランキング
posted by しば at 15:46| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

マタイ伝(現代語訳版)こぼれ話

「聖書で親業」のプロジェクト(?)に向けて、現代語版の聖書を読み始めました。
意味のまとまりごとに区切って読み下していき、それをブログに書いていくのですが、分厚い聖書、どこから手をつけようか迷いました。

それで、「自分の中に少しでも記憶のあるものを」と考えて、思い立ったのが、ゼミの課外授業で読んでいたマタイ伝。
当時は欽定訳(King James Version)を読んでいたけど、20歳そこそこのしばには「しっかり読み下そう」という気力も意欲もなく(先生、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔))、読み聞かせを聞くかのようにうっとり聞き入っておりました。
おまけに「現代語訳くらいは読んでみよう」とさえ思わず…
そして37の今、子供の教育面で切迫した必要性に駆られて、ようやく自分から聖書をひも解く気になりました。

英語再学習がもうすぐ丸3年を迎える今、マタイ伝の現代語版は、人名以外は自分でも驚くほどさくさく読めています。
本文を意味のまとまりごとにノートに筆写し、相当するチャンクごとに逐語訳を書き入れていくのですが、「20歳の時に読み聞かせ的に聞いてきたゼミの課外授業」が、まぎれもなく今回の読み取りを支えているのを感じます。

それでもわからなかったのが、人名
聖書はもともとがヘブライ語。ヘブライ語の人名が、英語読みになって、また日本語読みが別にあって……聖書のストーリーを日本語で知っていればいとも簡単なものが、「事象としての聖書(物語)」を知らないから、イメージがわかないふらふら

今日の時点で、マタイ伝第1章まで読み下ししました。
イエスの家系図の部分の、名前(英語名に対応する日本語訳)の部分を整理したら、日記としてアップロードします。

[click!]参加してます☆人気blogランキング
posted by しば at 20:27| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまごっちを「アップグレード」

エンたま導入に際し、これまでの「ケーたま」を手放すことにしました。
ケーたま


「バザーに出すか、ネットオークションに出すか」を、まず上の子と話し合い、「次の持ち主に、より大切にしてもらえる可能性の高いほうに出そう」ということで、学校のバザーに出すことにしました。

破格のお値段で出店にならぶだろう、懐かしのケーたま。
少しでも素敵に見えるように、説明書や育成本を添えてラッピング。

たまごっちに限らず、子供たちが「○○買ってぇ」攻勢に出てきた時は、購入前に、昔ハマッてたけど今は飽きて放置しているおもちゃ類の整理を家訓にします。
手放せるものがない時は、新たなものも買わない・・・っと。
posted by しば at 11:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

笑わない私

私は、「いつも笑顔」な人か?…と問われたら、自信を持って「いいえ」と答える種の人間です。
根っからの勝負好きで、思えばいつも心にライバルを置いて、自分を追い立てて追い立てて、意欲を奮い立たせていくタイプです。
「誰かにほめられて、喜んで、満足してしまっては終わりだ」が、私の生き方のキーワード。
なので、自分で自分をほめるなんて、論外です。

勝負好きなんで、他者と勝負しない時は、「もう一人の自分」と勝負します。あんまり真剣勝負しすぎて、自己分裂を起こすくらいに、もう一人の自分と勝負します。
なので、自分としては楽しく勝負をしている時でも、勝負中の私は、かなり険しい顔をしているみたいです。夫なんか、英語学習中の私を見て、逃げ出したこともあるくらい。

もちろん、「子供と勝負」中の自分も、大好きです。
この場合の「勝負」は、怠惰な振る舞いに喝を入れたり、檄を飛ばしたりすることなんだけど、はたから見ると、「ヒステリー発作でほえてるだけ」に見えるんだそうです。
「何カリカリしてんの?」って夫や母はじめ家族みんなに言われても、当人はいたって正気に、「たとえ"家庭の雰囲気が暗くなる"のを防ぐためとしても、望ましくない行動を見逃すのは相手(多くは上の娘)に付け込む隙を与えるからよくない!!!」と言い放ったりします。

でも、あんまり家族たちが嫌がるし、上の娘自身も、「カリカリしたお母さんを見るとかえってやる気なくす」(責任逃れもいい加減にしろ爆弾:陰の声)などと抜かすので、「子供と勝負中」の自分の顔を見てみよう・・・と思い、自分撮りをしてみました。

将来、就職などのころにマイナスになるな・・・と思う振る舞い、口のきき方などを目にすると、
disgust.JPGこんな顔でにらみつけ、
静かな口調で指摘し、それを何度繰り返してもやめないと
angeryface.JPGこんな顔で「ちゃぶ台返し」モードで激情します。

自分の「勝負中の顔」を撮ってみて思ったのは、
いつも厳しく締まった顔ばかりしていた母も(今でも記念写真以外の笑った顔を見ることは少ない)、本当は締まった表情していても当人は楽しかったことがあったのかなあ?

ということ・・・
「私の子供時代、楽しそうにしてなかった」って思ってた、ちょっと前までの自分が、いかに生意気だったか思い知りました。

息子が先日、「笑ってるママのほうが好き」ともらしました。
でも、私はめったに笑わない・・・
たとえ笑っても、流れ星のごとく、ほんの一瞬笑顔が見えるか見えないか程度。
子供たちによると、くちぱっち(写真は下に)を見ると表情が和らぐようです。


いやぁ〜それにしても、私の怒っているところの顔写真、ほんとにほんとに目の毒むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)この世のものと思えないや。
「玄関にはってセールス撃退にどうぞ」なんてギャグさえも思いつかないよ。
この顔をしない自分になりたくて、「英語で聖書を読もう」って気になったのかも。
ビーズ作品やくちぱっちを傍らに、聖書を読んで心を静めるとするかいい気分(温泉)

posted by しば at 23:10| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

ホーリーホック応援記 3/25 in 茨城弁

[emoji:e-219]vs 柏レイソル@笠松
[emoji:e-219]0-1

昨日は地デジの感度がよくって、気分いがった。
子どもらと、あんまし遊ばなくなったおもちゃの仕分けしながらTV見てたよ。
レイソル、やっぱ手堅かった。攻めも守りも、隙がなかった。
後半になって、やっとホーリー側が調子出てきたけど、それでも、相手が一層手堅かった。

(先週の)水曜に、「柏と当たる」って知った時から、正直勝てるか心配だった。「神戸の時みたいに、大量点取られんのかな?」って、どっかで思ってた。
そん中での0-1負けだから、善戦だぁ。
次につながるよ。
攻撃は最大の防御」って言うけど、あきらめずに防御し続けていく戦法も、またやらしいなぁって思う。だって、攻めても攻めても防がれるのを繰り返すと、知らないうちにだんだんイライラしてくんもん。

昨日は、モンテディオ山形も、結果は敗れたけど、東京ヴェルディ相手に善戦したようだ(各地の経過・結果による)。前半は1点リードで折り返したみてぇで、ワクワクした。ちなみにヴェルディとは、次の次の試合、夜の笠松で当たる。惨敗しねえよう祈っぺ。
その前に、横浜(横浜FC@三ツ沢)だ。

あと、地デジ中継は、4/22までねえと。
posted by しば at 01:08| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | いけいけ!ホーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

「地図ドリル」実践記録(1)

昨夜、前書きに従い、寝る前に4項目解きました。
1項目分の制限時間は15分ですが、私は、これ以上何も思いつかなくなるまでの時間をストップウォッチで計り、それを解答所要時間としました。

それでは記録です(カッコ内は解答所要時間):

第1章-1 都道府県名と位置:20/20わーい(嬉しい顔)(3分11秒)
第1章-2 県庁所在地名:19/20(4分00秒)
第1章-3 都道府県の形(1):19/20(4分48秒)
第1章-4 都道府県の形(2):20/20わーい(嬉しい顔)(7分41秒)

全問正答できなかった第2項と第3項ですが、間違いはずばり、漢字が正しく書けなかったことです。
落とした問題は、「にいがた」と「なは」。読めても、IMEやATOKで変換できても、いざ手書きで書くとなると曲者な字です。
拡大文字で、しみじみ観察しましょうサーチ(調べる)

新潟

那覇

[click!]人気blogランキング
posted by しば at 23:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 通訳ガイド/日本再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

モノに埋もれる

譲り合いとか、共有って気持ちが極めて薄い幼児期を送った、我が家の三きょうだい。
おまけに男女両方いるので、男の子用と女の子用の両方のグッズがわんさかあふれている・・・

しば家の居間、ディズニーやポケモン系のビデオ、そして母の趣味でTV番組を録画したビデオやDVDが、本棚を占領し、肝心の本が、大きさもテーマもばらばらに、読む頻度もぐちゃぐちゃなまま、部屋の隅に追いやられています。

ビデオはともかく、おもちゃ箱類は、この10年弱の間の衝動買いの代償です[emoji:e-263]
ゲームソフト類も、本気でほしいかどうかより、その時々の友達との話題合わせのために買ったものも少なくない気がします。
今月漢字+計算ドリルをことごとく拒否した上の娘が、買い物に付き合ってはいろいろねだりまくってきた上の娘が、しみじみと言ったのです。

「友達の家と比べると、うちって汚くて居心地悪くてイライラする」


「何とかしたい」と思いながらも、どこから片付けていいか分からずにこれまで過ごしてしまった私も、静かに言いました。

「これらは衝動買いの報いだよ。きれいにしたければ、ほしい物も、本気でほしいもの以外我慢することと、心から気に入っている物以外は手放す勇気が必要だね。」


これで、「○○買ってぇ」に釘を刺す決め台詞ができました。

「買えば部屋が汚くなるよ」



通知票の評定は、学習態度と比べると思いのほかよかった上の娘。
「学校(まじめに、落ち着いて生活している)と家と、どっちが安らぐ?」と聞くと、「学校」と答えました。
その一言で、私は今月特に目立った暴言、怠惰な生活の数々を、水に流そうって気持ちになりました。
そして、この春休みで、彼女主導で家の掃除・模様替えをしていきたいと考えています。
posted by しば at 14:58| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子で楽しく?日本地理


「都道府県名のテストが散々だった〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)」と嘆く上の娘の復習用と、私自身の通訳ガイド試験対策(注:またこれがいつ受けるか不明なんだけどね。日時は1次試験が毎年9月、東日本地域では東京のみ実施です)に、昨日ゲットしてきました。

本誌に書き込まないようにして、別にノートを用意したり、地図ページは見開きコピーなどを併用して、親子共有で何度も繰り返して取り組んでいこうと思います。

「白地図を何枚もコピーして、全部筆写できるようになるまで演習をした」って、そんな合格体験談もあったし・・・
そして、私自身、小5の3学期、都道府県名の学習を授業でするかしないかの頃に転校し、転入先の学校(履修済み)で授業で全く習わないままに小テストを受けて玉砕したっけなぁ。
小6以降からは、あまり間違わなくなったけど、今でも定着してるのは、都道府県の位置と、県庁所在地がせいぜいだ。
山地・山脈、平野、川・・・なんかは、大変なことになってる気がします。

起床後、または寝る前に学習しましょう」と、前書きでは勧めています。
朝勉か、子どもたちが眠った後に余力のある時にこなしていこう本

[click!]あなたのクリックで、気力が注入されますひらめき人気blogランキング
posted by しば at 10:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 通訳ガイド/日本再発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

オカママ川柳

川柳…面白いですo(^-^)o
「和の心」感じます。
基本的に定型詩(英語ではrhyme)が好きだし。

「多芸は無芸病」ウィルスがまた活動し始めたかな?
今日の一句(PCの方はハイクブログの短冊も見てね)
うっせぇな
でも本当は
愛してよ
[お題:子育て]
posted by しば at 17:48| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

国際化社会=違うものが調和して集う社会

昨日は、国際交流協会で、語学ボランティア研修会でした。
語学ボランティア登録を果たしてから、丸2年たったけど、お仕事の引き合いがくることもなく、母とけんかし、子どもたちと険悪になりながらTOEICスコアUPに励んでも、最初の登録時よりむしろスコアダウンして今に至っています。はつかしぃ…

今日は、家事都合により、午前中の全体会のみ聴講しました。
メインの議題は、「新潟中越地震時の、外国籍市民支援活動について」。
長岡市国際交流センター長・羽賀 友信様からお話をいただきました。

「災害時援助活動は、災害が起きてからするよりむしろ、平常時のネットワーク作りがものを言う」ことや、「外国籍市民への通訳・翻訳援助は、言語間よりも互いの文化・生活習慣の橋渡し役になることがより重要」なことを、震災時の、メディアに取り上げられることのなかった裏話も交えてお話してくださいました。

そして、日本で外国語を勉強し、また外国語を活かしていく意義として、次の2点を強調されていました。
(1)日本に来られた外国籍の方々に、「相手と同じことばを使う者がいる」ことを示して安心させてあげる
(2)相手の国民性や母国(=これまでの生活環境)の文化・生活習慣を受け入れたうえで、日本人の文化・生活様式を伝えて、より日本社会に溶け込めるよう援助する


また、(これは英語学習意欲高揚にはならないかもしれないけれど)「真の国際化は自らの足元から」ともおっしゃっていました。
「足元」とはすなわち、自分たちの国、あるいは地域、近所、家庭…突き詰めると自分自身が、どう他者と関わっているか。
---このことばを聞いて、大いに考えさせられました。
そして、今、この日記を打ち込みながら、自分は、日本人でありながら日本人の国民性がどこか嫌いな「日英セミリンガル」になってしまった・・・と痛感しています。

30台半ばで英語再学習を始めてから、英語をしない人とたくさんけんかして、怒って、涙して、しまいには病気になって…を経て、今年の目標に、「趣味・趣向の違う人々(=特に英語学習をしない方々)との和を大切にする」を掲げました。
英語の「え」の字も出てこないし、何よりも、他者との調和を保つためには、時に自己犠牲(=英語学習時間及び量削減)を強いられることもある、そんな目標です。

大人期の私の英語学習は、思えば自らを孤独に追いやった環境下でのものだし、孤独な中でどんなにがんばって英語の知識を増やしても、人(英語をしない人)と交わってひとたびけんかをすると、せっかく覚えたものもけんかの精神疲労で全部忘れてしまうんです。
「覚える→けんかする→忘れる→さらに独りこもる…」を繰り返すうちに、「覚えこむ英語の量はたとえ少なくても、そのわずかな英語をこぼれ落ちないようにしたほうが、英語の語彙はより豊富になるんじゃないか?」と考えるようにしたら、以前よりも常時英語に触れていなくても平気になった自分に気づきました。

以前ほど英語学習に執念を燃やさなくなったことや、試験対策の英語に背を向けたことは、「学習意欲が失せたから」と思ってどんよりしていました。
でも、昨日の講義を聴いたら、「"英語学習量よりも他者との協調"路線は間違ってなかった、むしろセミリンガル脱却への重要な取り組みだったんだ」と、とてもすがすがしい気持ちになりました。

これまで生きてきてよかったです。
昨日、物入りな中、語学ボランティア研修会に行かせてくれた夫と母に、謝謝。
posted by しば at 13:04| ☀| Comment(4) | TrackBack(4) | レッスン/セミナールポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC優勝のウラで・・・(涙) in 茨城弁

昨日夕方からぁ、王ジャパン優勝で持ちきりだった。[emoji:e-65]
うちもそうだ。

そのウラで…

ホーリーは、神戸で試合だった。
「J2の試合ある」ってことさえ忘れて、WBC見て浮かれちまった。
とあるブログで、すんごい細かに書いた試合のルポ見つけて、思い出したようにホーリーの公式サイトチェックして、

そして、

頭、真っ白…

[emoji:e-219]3/21:vsヴィッセル神戸@神戸ウィングスタジアム
[emoji:e-219]0-4

先週土曜に(湘南)ベルマーレに勝った時から、「体調万全でねえ時に上位チームと当たっと不安だぁ」てひそか〜に思い始めてたけど、不安が、だんだん、現実に近づきそうで、やな感じ。

だってぇ、次の相手、柏なんだもん。
3/25。vs 柏レイソル@笠松
昨年はJ1におったチームだし…

勝ってくれたらうれしいけど、「絶対勝って」とはいわねぇ。
だけど、ゼロ負けとか、3点以上の大差つけられんのは耐えらんねぇよ。
そして、反則なしで戦ってほしい。故障抱えてない選手らが処分されずにいけば、いつか道が開けっから・・・
posted by しば at 09:29| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | いけいけ!ホーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

基礎英語1を味わいつくす!!!

昨日、「下の子とやろう」と決めていた「基礎英語1」のテキスト+CDを手に入れました。
「おお、今は本放送が始まる前からCDも買えるのかぴかぴか(新しい)」と、ちょっと得した気分。

テキストを、下の娘に見せると、
「文章ばっかりじゃないし、ものの単語が多いところが学校の英語の授業と近いわーい(嬉しい顔)」とホッとした面持ち。お便り欄に、現在小2の子からのお便りを見つけては「低学年で聞いてるの、私だけじゃないんだるんるん」とご満悦でした。

しかし、私は、凍りました。だって、知らない(=ものを見て英語が思いつかなかった)単語があったんだものがく〜(落胆した顔)「基礎」がまだまだ甘かった〜〜〜!!「中1レベル」をすっかり侮っていたことを大反省でした。
そして、今はじわじわと、「やっぱり"親子で基礎英語1"にしてよかった」と心から思い始めています。基礎英語1の内容を完全に血肉にすれば、自分の英語の基礎もさらに強固になるし、親子共通の話題も増えるし。年間のダイアログ構成が日本の季節行事に基づいているのも、「日本を英語で語るプレゼンター」を目指す者としてうれしい揺れるハート

それでは、私が3/20時点で「知らなかった〜〜〜」単語を、クイズにします。考えてみましょう。最初の文字またはヒントを提示します。
1.ミキサー(台所用品):b______
2.大型ラジカセ:b___ b__
3.ト音記号:(大文字1字)c___
4.ヘ音記号:(大文字1字)c___
5.ろうと:f_____
6.シャーレ:p____ d___
7.とび箱:h____
8.鉄棒:h____ b__
9.跳馬:l___ h____ v___
10.あん馬:s___ h____ v___
11.大車輪(鉄棒の技):g___ s___

それにしても、「ト音記号」「ヘ音記号」の英語を知らずにいたのは、ピアノ経験者として非常に恥ずかしかったですもうやだ〜(悲しい顔)

[click!]人気blogランキング


単語クイズの答え
posted by しば at 05:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

連弾

うちにはピアノ弾きが2人。
私と上の娘。

実際は、ピアノ歴10年超(ただし昔取った杵柄)主婦と、もうすぐ1年の小5の娘・・・という編成。

とにかくレッスン課題を練習するだけでいっぱいいっぱいで、「ピアノ好きに見えなかった」私と、お気に入りの曲(終了ずみでも)を気ままに弾いて楽しむ彼女。

今、彼女との連弾に、ひそかにはまっています。
両手いっぺんに弾けなかったり、弾くのがこわいなどの理由で左右片手ずつ練習する時に、もう片方を私が弾くのだけど・・・
この時が、彼女がいちばん素直に見えます。

以前は、「いつになった両手での練習始めるんだ?」とやきもきしたけど、今は違います。
当人が求めてこなくなるまで、いつまでも、何度でも、連弾をしていたいって思います。
2人で1台のピアノを弾いて思うのは、

☆一人で何かをするより、二人(以上)でするほうが、煩雑なこともあるけど達成感が倍増する
☆人は誰でも、何かしら、世間と「持ちつ持たれつ」で生きていることを実感できる


を、体で感じられる場、同時に娘に効果的に伝えられる場・・・ということです。

思えば私も「ピアノって孤独な楽器」って感じて、吹奏楽部入ったなあ。そして、一人でない故の苦労やけんか、そして複数人が心をひとつにすることの難しさを味わったなあ。

一人はさみしいけど、吹奏楽部では対人関係でつぶれた私。
ピアノ連弾あたりが、私にあった楽器演奏の形態かもしれないなあ。

今日も娘と連弾したい[emoji:e-291]
posted by しば at 17:17| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語力測定テスト@NHK英語講座公式ガイド2006(BlogPet)

今日、shibaが
達成したその瞬間はとてもうれしいけど、次の日以降の倦怠感や体調確執などに取って代わられてしまうんです。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「柴吉」が書きました。
posted by しば at 09:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

日本語でしか書けないこと、英語のほうが書きやすいこと

最近のしば、明らかに書こうとする話題に応じて、言語も思考回路も使い分けています。

大概のものは日本語のほうが書きやすいけど(母国語だから)、例外もあるんです。

おおまかな傾向としては、
ペンその場の熱気を伝えたいと思って書く物は、日本語のほうが書きやすい
ペン一連の出来事を客観視して振り返りたいと思って書く物は、英語のほうが書きやすい
---ですね。

特に英語は、とても直接的なことばなので、何かを客観的に再考したい時には向いている気がします。
修飾語、擬態語に満ちた日本語もいいけど、英語は、同じものを表すのにも、「意味するもの/動作+修飾語、擬態語」ごとに単語が違う(=だから英英辞典が必要なのだ♪英和辞典や和英辞典だけで調べた英語で文を書くと不自然な文になる)ところが、「何かを冷静に振り返る」のに役立っている気がします。…少なくとも、私にとっては。

ちなみに、日本語のほうが書きやすい話題のトップ3は:
第3位 ブックレビュー
第2位 試験受験リポート
第1位 スポーツの応援記


英語のほうが書きやすい話題トップ3は…カッコ内に順位を入れて考えてみてください。
第( )位 日本の生活様式
第( )位 子育て
第( )位 旅行記


[click!]人気blogランキング


英語のほうが書きやすい話題トップ3・答え
posted by しば at 05:30| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーリーホック応援記 3/18(in茨城弁)

昨日午後、NHKの地上デジタルをつけてみっと…

やってたよ。ホーリーの試合[emoji:e-219]それも笠松(ホームゲーム:ちなみに試合の行われた笠松運動公園は、那珂市と東海村の境にあります)だぁ…

[emoji:e-219]vs 湘南ベルマーレ
[emoji:e-219]3-0にて勝利♪

いやに受信状態が悪くって、しょっちゅうチラチラすんもんで、ずっと見続けると目ぇ痛くなってくんで、時々TVを止めながら見たよ。
「笠松なら、ちとがんばれば行けんなあぁ」って思いながら。

昨日はよく攻め、手堅く守り、反則ゼロで、「教科書どおり」な試合運びだったよ。
あとで知ったことだけど、これまでの3節で、相手チームに一度もゴールネットを揺らされてねぇんだそうだ[emoji:e-68]
いやぁぁ、惚れ惚れすっぺよ★

そんだけに、開幕戦、vs山形の時に、オウンゴールで引き分けたのが、どおおおおしよーもなくやり切れね。
他のチームでも、やり切れねえけど、個人的に…(ワナワナ)山形戦ってのが(プルプル)、無念を一層深めちまうんだ。

---といっても、山形にまつわる暗い過去の類は全くねぇっす。(山形の皆さん、どうか気を悪くなさらないで。陳謝)ただ、昔の友達の郷里なもんで、ついついライバル意識むき出しに熱くなっちまったみてえだ。
失礼[emoji:e-282]
posted by しば at 02:23| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | いけいけ!ホーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

おとといの日記の英語版

ネット学習会用にアルクブログで書いている英文日記です。
タイトルはParenting Through the Bible(聖書を通して親業を学ぶ)。

意味のまとまりごとに区切って、日本語をつけてみます。
3/15の日記と比べてお楽しみください。

聖書が手に入ったら、現代語版を[続きを読む]に記した私の英文日記と同じ要領で日本語と英語で読み進めていこうと思います。続きを読む
posted by しば at 15:57| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一人でしないもの」を優先

---今年度の、私の教育関連費の出資基準。

これまで、心のどこかで、「流行の教材や通信講座類を(出資して)ゲットするのが英語力UPへの熱意の表れ」と思って、衝動買い的にCDブックを集め、本棚の肥やしを増やしてしまってきました。

確かに、「運命的出会い」をした本もあるし、同じ衝動買いでも「年月が過ぎても古びない本/教材」もあります。
だけど、外国語関連書籍は、家族の中で、私しか開かないんです。開いたものも、「しっかり消化した」ものは少数もうやだ〜(悲しい顔)。小学校のバザーに出したものもあります。(新英中第7版ROM版と、英辞郎初版も出しました。両方とも売れたみたい)
英語をしない母とか上の2人、私と英語付き合いの趣向の違う夫にとっては、「私しか使わない」ところが、猛烈に無駄に思えるみたい…

私しか使わない→私だけ自分勝手に楽しんでいる…と妄想が膨らんで、親子の確執も起きました。
TOEICも、英検も、それに携わらない他の家族には、「私一人の楽しみ」の最たるものみたい。

「一人でしない」ことを軸に考えると…
ふくろ英語セミナー代は、OK(講師、受講者あってのものだから)
ふくろ聖書は、OK(訳すこと、読後感想を書くことで、直接英語学習に携わらない方とも話題共有可)
ふくろ読み聞かせ向き絵本は、OK(児童や読み聞かせ会メンバーと一緒に味わえる)


これをもとに考えると、懸案事項のラジオ講座は、
私の滑舌練習用の「徹底トレーニング英会話」よりも、下の子と2人で聞く「基礎英語1」が優先になります。
う〜〜〜〜んがく〜(落胆した顔)

私用は、CNN EEと中国語講座は、はずせない!!はずしたくない!!!
だけど、CNNは、1400円/月を、ほぼ一人で使ってきてた…
いくら「海外ラジオ聴取権」のつもりでも、現時点では私が占有していることには変わりない。
地元でCNN EEの読者を探したいです。
そして、ネットでなく、顔を合わせて切磋琢磨したいものです。
中国語も、ラジオ一本だけでなく、地域の廉価の講座を受けようと思います。

[click!]人気blogランキング
posted by しば at 11:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(7) | ちょっと考えごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

"Achoooo!! --Bless You!!" in ancient Japanese 

英語を話す国では、くしゃみの後の"Bless you"は、決まり文句ですね。
ドイツ語では"Gesuntheit"だそうで。(つづりはこれでOKですか?)

ところで、日本って、くしゃみをした人にことばかけする習慣、あったかなぁ?
ない気がする。
くしゃみした人が震えてたりしたら、「寒いの?」って言ったりはするけど、そうでない時のくしゃみに対しては、どうだろう?

おとといの「三宅式こくごドリル」で、くしゃみについて、こんなクイズが出されました。
かつて日本で、これをすると死ぬと恐れられたものはどれでしょう?(実際は4択)


この問題の答えが「くしゃみ」で、徒然草(吉田兼好)にすでに出典があるとのこと目

ただし、単語が大幅に違うがく〜(落胆した顔)「くしゃみ」という単語は、もちろん使われてません。
(要旨を現代語訳)
鼻ひるをすると魂を取られて死んでしまうから、「くさめくさめ」と言ってお祓いをする・・・

「鼻ひる」---それだけ見たら絶対わかんない!!
「鼻ひる」が、くしゃみ(古語)なのだが、私は、くしゃみのあとの「鼻水ダラ〜〜〜〜ン」の光景が脳裏に浮かんでしまった爆弾
「くさめ」のほうがむしろ"くしゃみっぽい"のだけど、それに戦前に書かれた文語小説でも、くしゃみのことを「くさめ」って書いていたものを見た記憶があるけれど、中世・鎌倉時代は、別の用法で使っていたのねひらめき
くしゃみそのものより、英語の"Bless you"みたいに使ったんだかわいい

自然物の音しか聞こえてこないような、鎌倉時代のスローライフの中では、派手な大くしゃみは、悪霊の雄たけびに聞こえてもおかしくないかも。

英語とも中国語とも関係ないけど、「古語辞典もそろえたほうがいいかな・・・」って、思いました。

[click!]人気blogランキング
posted by しば at 12:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書/にほんご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

親業に聖書 ---parenting through the Bible---

アマゾンで聖書を2冊注文しました。
「英語学習が家事や子育ての妨げになると悩むより、英語でよりよい子育てや家事術を考えてみたら?」と、sayshoeさんからアドバイスをいただいたのがきっかけです。[sayshoeさんのブログ]

買ったのは、欽定訳(日本語の古文に当たる英語で書かれています)と現代語訳。ともに日本円で1000円しないで買えました。

まず、現代語版を「読んで」、英文の意味の区切りごとに改行して筆写と逐語訳(=話すようにでなく、単純に日本語に直すこと)をします。
気分が盛り上がったら、音読もするかもしれません。
予想できる効果として、逐語訳する(=英文をするめのようにかみしめて読む)ことで、その過程で親としての心得も実感を持って意識できそうに思います。

欽定訳は、(見せる/聞かせるための)音読や暗誦用。
名言としての聖書のくだり(日本語)、文語で書いてあると思いませんか?
…って考えたら、声に出す聖書の英語も、17〜8世紀のちと古めかしい英語が好きです。
それを、にわか女優になって朗々と…
---自己満足タイム、終了[emoji:e-25]---

ただ、その記録をどこにつけるかが問題だ。
Blogger(全部英文)は海外向けなので、日本語だと文字化けするし、アルクブログは「英語で考え、英語で英語を学ぶ」場だし…
となると、手持ち範囲でつけるなら、ここかシーサーだなあ。
もう1件ブログを構えると話題は一層整理されるけど、切り盛りが大変。IDやパスワード管理しきれない[emoji:e-327]

聖書読み記録つけるなら、どちらがいいですか?
ここと、シーサーと。[しばのシーサーブログ]
posted by しば at 16:38| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。