現在の閲覧者数:

2007年03月19日

私は「目立つ親」なんだろうか?

DSCF0072.jpg2年前の幼稚園のお別れ会(小2の娘・年長の年)で「マツケンサンバ」を踊っているところです。
マツケン役は、私・・・がく〜(落胆した顔)

この次の年から、年長さんのお別れ会で、保護者が余興をすることはなくなっています。
今の現役幼稚園ママたちは、「少し楽になった」と言っています。


そんな私、小学校では、読みきかせ会6年ママとして、授業内での読みきかせに参加してきました。

演目は、司馬遼太郎随筆「二十一世紀に生きる君たちへ」と、高村光太郎の詩「道程」の暗唱、「コブタの気持ちもわかってよ」の(自作)紙芝居、そして落語絵本の読み合わせ(映写付き・・・私は映写担当)でした。

ちなみに「コブタの気持ちもわかってよ」は、原版はかなり小さいのですが、大型本も出ているようです・・・

メンバーがほとんど普段着(ジーンズ含む)の中、授業で読むから・・・と濃いカーキのパンツスーツ(少しくたびれてるけど)でお話し会に臨んだ私。
それが、上の娘にとっては、猛烈に気恥ずかしかったようなのです。
「うちのお母さんだけ、すんごい決め込もうとしてる、だけど似合わない・・・」

・・・と。

「ジーンズで授業に立つ気にはなれなかった」と私。
私も子供時分は、「人と違うとヤダ」と思った口だけど、この時だけは、他のお母さんたちと違ってても絶対譲る気になりませんでした。
それに、私は、学校などで人前に立って読みきかせをする時は、読む題材の雰囲気に着る服を合わせることもするのです。たとえば、戦争に関するお話を読む時は、上下黒で固めるとか・・・

---以上のことが、私が明日の卒業式に着ていく服で娘たちと一悶着した背景ですたらーっ(汗)


私は、自分の(教員)現職時代が不完全燃焼だった分、子どもを学校に通わせる番になってから「自分のできることを通して学校の子どもたちにも、先生たちにも、笑顔が増えるように」と願って、読みきかせ会はじめ各種スクールボランティアやPTA諸活動に携わるようになったんだけど、それが上の娘には「うちの母ちゃん、やたら目立ってるたらーっ(汗)」に映ったみたいです・・・ふらふら

「目立たない(=学校の諸活動に出ない)」ことは、決して嫌ではありません。語学学習に一層熱入れられるしわーい(嬉しい顔)
だけど、学校で先生方が煮詰まってしまうのを見るのは、どうにも耐えられないのです。
そして「子ども丸投げ文句だけ言う保護者」には絶対になりたくないのです・・・文句言う代わりに先生方の目や耳や手足になって動いて働いて学校を盛り上げたいのです。
それを「目立ってる」と言われるのは・・・「親の心子知らず」にも程があるよちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
ラベル:幼稚園 小学校 PTA
posted by しば at 09:00| ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供ってさ、恥ずかしいんだよ、親が目立ってたりすると、友達にちょっと何か言われたりしてね。

うちの親も結構前に出てたから恥ずかしかった覚えがあるよ。

まぁ今考えると別になんも思わないけどね、子供ん時ってみょ〜に恥ずかしいのよ、それが褒め言葉だったとしてもね^_^;
Posted by rozzo at 2007年03月19日 10:56
相変わらず、仕事をちょっとサボってます。グフフ♪しばさんの気持、よく分かりますよ。共感です。シュツエーションに合わせて洋服を選ぶのは当たり前やと思いますよ。子ども達が義務教育の間は色々と関わりが大変やと思いますけど(私も子育て時代にPTAの役員だったので)今になればねー楽しかったなーなんて。。。目立つお母様!いいやん!私も相当目立ってました!アハハハ♪未だに見覚えのないどこかのお母様に挨拶されるけど、全く分かりません。ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
Posted by けめこ@携帯.仕事中 at 2007年03月19日 11:43
ども!
うちの子は授業参観とか、親がどんなかっこで来ても、にこにこ喜んでくれます。
そんなけ田舎で素朴なのかなあ。f(^^;)
Posted by コレバナ at 2007年03月19日 12:18
ろっぞうさん

こんにちは(^O^)
上の娘の代弁ありがとう。

私は「目立たない親」の子供だから、「目立つ親の子供の気持ち」は共感できない…部分があったね、今思い返すと。

だからPTA役員て、5年生くらいを境に立候補者が激減するのかなあ?

上の娘は、お母さんの初役員が6年生の時で、かつ委員長じゃ、並々ならぬプレッシャーだったろうなあ。

今まで耐えてくれてありがとう…と、ブログに書いておく。
Posted by しば at 2007年03月19日 16:33
けめこさん

こんにちは。
共感どうもありがとう(^O^)

タラレバ論になるけど、もし私の前職が教員でなかったら、あるいはもし私の現職時代の授業が順風満帆に行ってたら、子供を持った時に今みたいなPTA活動への思いは抱かなかった…

子供たちの学校の授業を成立させるためなら、きっとなりふり構わず何でもやるかもしれない…そのくらい、授業の成立しない教壇は、地獄絵図です(T_T)
Posted by しば at 2007年03月19日 18:14
コレバナさん

こんばんは。
どんな格好で親が学校に来ても子供が喜んでくれるなんて、サイコーに親冥利(^O^)ですね…

そういう私は、「しばのお母さん、しばに似ずにキレイだよね」との友達の言葉に胸ときめかせ、その一方で、家ではめったに笑わない、私でなくおい・めいやいとこたちばかりほめる母の笑顔を見、ねぎらいの言葉聞きたさに、英語とピアノと吹奏楽に燃えた中学生時代を送りました。
Posted by しば at 2007年03月19日 20:30
高学年になると色々と思うことが多いのでしょうね。何をしていても文句言われそうです。それだけ、お嬢さんはしばさんを「見ている」ってこと。きっと、将来、しばさんのようなママさんになると思いますよ♪
目立つお母さんの存在って良いでは在りませんかー!しっかり覚えてもらっておくというのは良い事です〜。何かしらの抑止力にもなるし、困った時は「○○ちゃんのママだ!」って助けをこう事も出来ます。役員活動をするママ、大好きです!
Posted by ぶんママ at 2007年03月19日 22:46
しば さん

こんばんは。

目立とうとしてなくても、目立ってしまうんですよね!

rozzoさんと同様ですが
やっぱり親が目立つと気恥ずかしいってありますよね。

若くても、年取ってても、結局目だってしまうと、なんか言われてしまうんですよねー。

子供心ですねぇ。
Posted by 「感動創造」 at 2007年03月19日 22:47
ぶんママさん

こんばんは。
今日はいよいよ卒業式です。
上の娘は、昨夜は吹奏楽部の後輩へのカード作りをがんばっていました。
まだあと1枚&メッセが残っていて、「3時に起こして」などとのたまっています・・・実際活動できるのは5時くらいだとしても、3時から声かけ始めてほしいみたい・・・(ふざけた話だ)

PTAやら子ども会などの役に就いている「目立つ親」が抑止力や駆け込み寺的存在になるのは、あくまでよその子にとってのこと・・・
悲しいかな、当人の子は「どこそこ会長の子」「本部役員の子」「○○委員長の子」などの見えない看板を、親の任期の間背負って学校生活を送るんです・・・その重圧に、rozzoさんや感動創造さんの書き込み見るまで、全くというほど気づいて共感してあげることができなかったこと、どんなに悔やんでも治まりません。キャパの小さい私です。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。

昨日、上の子の通知表がきました。
年間出席日数の1割強休んでました・・・欠席の半分は、体調不良よりも気疲れしてたり、学校に行きたいのに行けなくて休みに至ったように思う・・・
私が今年度背負った委員長の肩書きよりも、彼女が背負った「委員長の子」の肩書きのほうが、ずっと重かったんだろうなあ。・°°・(ノ_δ、)・°°・。
Posted by しば at 2007年03月20日 00:48
感動さん

こんばんは。
卒業式前のハイな夜です・・・また3時に上の子起こすので(・。・。;;実際は3時から声かけ開始ですが。

私、黙っててもインパクト強いみたいなんです・・・私が気づかないうちに有名になってることが、実生活でも多々ある(;´▽`lllA``

お母さんのPTA活動に関しては、勤めと似た要素あるように感じます。
子どもがある程度大きくなってから急に始めると、子どもははじめえらく動揺するけど、小さいうちにできる範囲から継続して始めれば、「うちのお母さんはそういうもんだ」と心に刷り込まれる・・・て思うんです。
私が小学校で絵本読みをするのを幼稚園時代から見てきた下の娘(小2)は、「お母さんは私たちを楽しませに学校に行くんだから、そのために家が片付かないのは辛抱する」て言ってくれます・・・泣ける(ノ_δ。)
Posted by しば at 2007年03月20日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。