現在の閲覧者数:

2007年06月09日

花咲かない努力なんてないさ!

母の日に子供たちからもらった、カーネーションの鉢植え。

まだ咲いてます。

買った時の鉢のままでは立ち枯れたつぼみが増えてきたので、少し大きな鉢に植え替え。
液肥もあげてます。

なるたけ多くの花が咲くように、がんばってます。

今ので立ち枯れが目立ってきたらさらに大きな鉢に植え替えて…

ガンバります。
カーネーションの花咲く過程を長ーく見ていたいから。
カーネーションのつぼみが、子供たちの才能に見えたりするから。
posted by しば at 16:26| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーネーションの花、輝くように咲き誇っているんですね!
しばさんの花は三輪!私には一輪!
花の数は違うけれど、大切さ、いとおしさは一緒〜って思いました。
Posted by ぶんママ at 2007年06月09日 19:58
ぶんママさん

こんにちは。
鉢植えカーネーションの写真があると分かりいいんだけど、カーネーションて、すべてのつぼみが開花するわけじゃないんです。
咲いた花1輪に対して、咲かないで枯れる茎やつぼみが4〜5本あるんです。
そして、枯れそうな/枯れた脇目やつぼみを摘んで、上に向かって伸びるつぼみに養分を回す感じ…

子育てに例えると、子供を望ましい姿に育てるために不必要と判断した部分を、大人の外的な力で切り捨てていく感じです…

輝かせたいから、輝かせるために、強制排除する…残酷だけど

うちの娘は、そういう意味で脇芽だらけです。アレも、コレもねだったら、元から枯れるの明白(*_*)
Posted by しば at 2007年06月10日 11:25
>花の数は違うけれど、大切さ、いとおしさは一緒〜って思いました。

横レスになりますが、ぶんママさんのコメントいいですね〜。

>不必要と判断した部分を、大人の外的な力で切り捨てていく感じです…

なるほど・・・

私、これ自分にもあてはまるかも・・・
あれも、これもよくばらず、自分に合ったものを見つけ、その分野で頑張っていきたいです。
良い意味での「身の丈を知る」っていう感じですね。
これは限界を知ってあきらめる、という悪い意味ではなく、自分にあったところで頑張るという意味で私の好きな言葉です。
Posted by きょうか at 2007年06月10日 19:42
しばさん

こんばんはー!

花っていいですよね〜!

先日、水郷潮来に「あやめ」を観にいったのですが、やっぱり花って癒されるというか、すごく根本のところを清めてくれるような気がするんですよね。

カーネーション!
ずっと元気でいてください!!
Posted by 「感動創造」 at 2007年06月10日 19:59
きょうかさん

おはようございます。
花って、見る人によって、また見る人のその時々の心境によって、いろいろに見えるものですね・・・咲いている花に子供の成長を見たり、剪定を子供のしつけに例えてみたり・・・

しば家は、小3の下の娘が反抗期突入・・・したみたいです。帰宅後は、昨年の上の娘を思わせるようなオヤジっぽい物言いが増えました・・・
で、上のほうは・・・私と下の娘のバトルを背中で聞いて「お母さんは誰か一人だけ甘かったり厳しくすることなく、きょうだい間で態度を変えない人だ」と感じるようになってます・・・~(^^?))(((;^^)?

Posted by しば at 2007年06月11日 07:52
感動さん

おはようございます。
鉢植えカーネーションを育ててみて、「ガーデニングは女性のたしなみなのかな?」と思い始めています。花を育てることで、他者のために心を砕く訓練になる・・・ていうのかな。植物はお魚以上に体を動かしての意思表示ができないから、栽培する人間のお世話がすべてだもの・・・

花を育てるといえば、上の娘の中学では、1年生が一人一鉢菊(大輪タイプ)を育てますよ(^_-)-☆菊栽培を通して、彼女、変わるのかなあ???
Posted by しば at 2007年06月11日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44316990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。