現在の閲覧者数:

2008年04月14日

心のサンドバッグ

080411_1411~01.jpg今時の子は、サンドバッグ役の大人を持って、彼/彼女に思い切りその日の毒を吐き付けて、辛うじて心のバランスを保ってるのかなあ?

…て、この頃思います。
娘2人は、ほぼ私をサンドバッグにしてる(-"-;)下剋上だい、まったく…
あごで用足しに使い、暴言を当て…他では言えない「バカ」「ボケ」「キモい」をまくし、殴る、蹴る、のし掛かる…

まだボディブロー類は全部受けられますし、多少は止めることもできます。

母は「子供にナメられててどーすんの?」て言いますが、
「うちの娘たちのサンドバッグがたまたま私なだけ。親に当たらない子は親の知らないところで誰かの身と心をぼこぼこにして辛うじて心の安定保ってるの。どんなに頭で理解しても、ボコボコにされる側はたまんないけどさ。
ちなみに私は子供たちが自分の知らないとこで誰かにウサ当ててボコボコにしてたとしたらば、むしろ許せないし、多大な迷惑かけたと思うな」
…て、言いました。

そしたら母、
「親に対して従順なら、知らないとこで荒れてたっていーじゃない」
と、「自子中」のシッポ出しました。ハッハッハ
自子中な親の外弁慶な子供が、いじめだ非行だなんだを引き起こしてるのになあ…

何か無心に打ち込める趣味特技があれば、心のサンドバッグはいらなくなるんだけどなあ。
趣味をドーラクだとかバカにしてほしくないね(-"-;)

夕方になれば、サンドバッグタイムが始まるよ。
子供たちの居ぬ間に、外国語やアクアで自分を癒そう。

最後に、意外と気付きにくいこと…サンドバッグも、打たれ蹴られ続ければ綻びるし、小さな綻びをほおっておけば壊れて打ったり蹴ったりできなくなるの。
実物も、サンドバッグ役の人間も、おんなじ。
posted by しば at 11:56| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばさんが娘さんたちの年齢の頃は、サンドバッグは居たの?居なかった…?少なくとも、その相手はお母様ではなかった様子が伝わってきました。
親がサンドバッグになるのは当然だと思う。爆発した気持ちを、外に出すことは当人もキツイと思うし。本当は、何か打ち込める物に吐き出すのが健康的かも知れないよね。
しばさんが打たれ強いのは分かるけど、心配かな…でも、こうやって上手に心の澱を吐き出しているからイイのかも。
Posted by ぶんママ at 2008年04月14日 15:47
ぶんママさん

チャオっす♪
悲しいかな、私ゃ小4の時は誰かをサンドバッグにするどころか、一部同級生のサンドバッグ役務めてたよ(-_-#)それも通算2人…同時でないのがせめてもの救い

最初のは男子で、いじめに受け止める人はいじめと呼ぶだろうけど、「私にウサ当ててたところで相手の得にはならない、誰かに言ったことが知れれば倍返しだから危険、クラス替えで離れるなり相手が飽きるの待とう」て思って低姿勢で耐えた。無心にピアノ弾いて、耐えきった…いや、ピアノ弾いてる時は、自分が何かに耐えてることを忘れるくらい気持ちが透明だったよ。

次の女子のほうが事がこじれた。リレーチームか球技か何かのチームで残り練習してて「私が遅い/下手なせいで塾を休まざるを得なくなった。授業料を補償して」と来た…脅され続けるの嫌で、30年前の500円を彼女に払ったよ。払う必要ないお金だけど、心の平穏のためなら払ってもいいと思うくらい、追い詰められてたんだろうな、私。
私から金受け取って初めて、彼女は家が厳しいウサを私に当ててしまってた、ホントはお金取るつもりはなかったと気付いたようで、親と謝りに来たけど……

私が粘着気質なだけかもしれないけど、この2人とは出会ったって事実そのものを消したいかな。
誰かのサンドバッグ役は、大人が子供のを務めるんでないと身が持たない。子供が同世代の子供をサンドバッグにするのは地獄だよ、親の見えないとこで無敵になるからね…
Posted by しば at 2008年04月15日 16:01
サンドバッグかぁ…
きついですね。ちゃんとわかってらっしゃるから、余計きついと思いました。
しかもダブルなんですか…我が家は一人ですからね。
男の子なので、これからどう出るか不安ですが、この冬にやる気がなくなってたときは、確かに私がサンドバッグだったんでしょう。私も自覚してました。
本人も悩んでたみたいなので(これという原因はなく)今の自分がつかめず、イライラしてる感じで、私か自分かどちらかが泣くまで冷静になれないときもありました。
気付くとはっとして「ごめんね」って言うんですけどね…毎日暗かったです。
いつ明けるかわからないときって一番辛いですが…
しばさんご自身の気持ちを他のどなたかに理解して戴けてますか?(お母さんでなく…)
うまくしばさんの気持ちを調整して、しのいでください!!
Posted by michako at 2008年04月15日 18:19
ストレス社会は子供の世界も同じですよね。
息子は、どっちかと言うと人前で意見を通すことができないからストレス溜めてると思うの。かといって家で暴れることもないんだけど、私の執拗なお小言でこの間は年に1度あるかないかのバトル繰り広げたけど(汗)

お子達が大きくなって、殴る、蹴る、のし掛かるが耐えられなくなったら、それは暴力だと思うけど、今のうちは大いに発散させてあげてもいいんじゃないかな?

私も好きなことさせて貰ってるから、姑の多少の嫌味も息子の目に余る生活態度もブチ切れずに穏やかに注意に留まっている気がします。
しばさんも、もうすぐかな?家の外に出てみるのも悪くないですよ〜。
Posted by えこりん at 2008年04月15日 21:31
michakoさん

おはよう。
今日は未明に熱帯魚水槽の手入れして自分を癒しました。
夜中に水槽いじり(?_?)…怪しいけど、そうしてでも癒されたくてたまらない衝動に駆られること、たまにある。それを我慢しちゃうと何かイライラむしゃくしゃ(-"-;)

金魚から始めて丸6年、今では母娘で熱帯魚やってます。
…て言えば響きカッコいいけど、お魚飼うスタイルが微妙に違うんで、それがケンカの元になったりする。

それでも共通の趣味は、親子・きょうだいのいいクッションだ…ってつくづく思うよ。
Posted by しば at 2008年04月16日 06:35
えこりんさん

おはよう〜( ̄∀ ̄)夜中の水槽いじりのツケで今頃眠い。でも今日家庭訪問だからがむばったよ。

息子くん、何かハマってることある?
それか、「今は独りにして」て言うこと、ある?
もしあるなら、そのハマリ事や独りになりたい時間は、確保してあげなきゃです。
家の外で自分を出さず、かつ家でもそこそこおとなしい子は、自分で自分を癒せるから、家の中でも外でも「いい子」やれるの。

えこりんさんも、仕事に出ることでいろんな人と接してるから、「自子中」ではなさそうに思うよ。
Posted by しば at 2008年04月16日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。