現在の閲覧者数:

2006年11月13日

娘たちからのプレゼント♪


娘たちが、昨日「ポケットモンスター・パール」をプレゼントしてくれました。
「何か、あべこべ?!」って思わないでもなかったけど、「小遣いから買ってあげる」と言うので、ありがたく頂戴しましたプレゼント

自分たちのゲームにブレーキをかけるはずの母にゲームを贈る子どもたち・・・何ともなあ、滑稽目
受け取る私も私・・・かな。

でも、うちの子ども・・・特に娘たちって、たわいないことを話せる人に、よ〜〜く耳を澄まさないとわからないように、聞くにばかばかしいたわごとの中にちらっと本音を言うから、いくつになっても親が一緒になって遊んであげる必要性をひしひしと感じるのです。
威厳がなくて困ったもんだ、って思うんだけど、同時に「威厳だけがすべてじゃない」って思います。

両親がそろって威厳を以って社会規範を子どもに授けるなら、親以外の大人が子どもと一緒になって遊ぶことを通してさりげなく本音に迫る・・・・

とか、

お父さん(お母さん)が叱り役なら、お母さん(お父さん)が遊び相手+フォロー役

・・・て具合に。

厳しさの中の温かさを感じ取るには、どんなに荒れても絶対自分を嫌わない人の存在、あるいはどんなばかばかしい姿や言葉も受け入れてもらえる人との出会いが不可欠なのかなぁ。
私は子どもたちにとってのそんな人に、なれるかな?
いや、ならなくっちゃなあ。
ラベル:ゲーム 子育て
posted by しば at 19:25| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

10月は講演会月間

はあはあダッシュ(走り出すさま)
ぜいぜいあせあせ(飛び散る汗)

PC開く気力がわかなかった間も、実生活面は各種講演会で非常〜〜〜に充実しておりました。
それも、みんな学校で(もちろん無料です)やってくださるのだから。気軽に行けます。

3年前にホームページを始めてから、講演会での貴重なお話を聞きっぱなしにしたくなくて、会場でのメモを元にウェブ日記やブログの記事にすることを始めました。が、今回はそれをゴッテリたっぷりため込んでしまったのですもうやだ〜(悲しい顔)

それらをようやくブログの記事にまとめました。

ペン10/13(金)学校保健委員会
ペン10/20(金)文化講演会


でも、10月の講演会、これで終わりじゃないんです。
月末に、中学校でもう1件あるんです。
10月30日(月)午後3時から、リ・クムオギ先生がみえます。光村の小3の国語の教科書掲載・「三年とうげ」を書かれた先生です。

月始めに「児童の皆さんもご一緒に」って触れ込みつきで、この講演会の案内プリントが出たのですが、子どもたちの下校時間・帰宅時刻と重なっていたので、出席をあきらめました。
そうしたら、講演会に合わせて、その日の午後の日程が変更され、下校時刻が早まりました。その旨を記した案内プリントの改訂版が出たのです。

体調を整えて、子どもたち2人(上の子は吹奏楽部の練習なので辞退です・・・)と行ってこようと思います。
ラベル:講演会 学び
posted by しば at 06:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

Boom! Boom!! BOOM!!!


子どもたちに、ついにやってきました、
ポケモンブーム!!!

前月から予約して、発売日当日にゲット。
3人の誕生日プレゼント---ということにして。
上の娘と息子は、誕生日プレゼントを前倒しです。下の娘は誕生日を過ぎても2週間ちょっと待ちました。

ゲットしたその日から、まるで熱病?のようにブームです。
「勉強もゲーム並みに燃えてくれればいいなぁ」と思うんだけど、ゲームでなくても何かに燃えてる時は、他者に心を閉ざしやすい時でもあるんで、特に上の子に勉強を促す時には、声かけのタイミングには非常に気を使います。

でも、「勉強コール」以上にやっかいなのが、子どもたちからのコレ:
ママも一緒にやろうよぉ〜〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)

ママ、手詰まったから代わりにやってよ〜〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
---家事をしっかりしたくて断ると怒り、私がお付き合いすると私自身がハマって家の中がめちゃくちゃもうやだ〜(悲しい顔)
勉強させる/させないより、こっちが頭痛いです。

ポケモンは、ゲームボーイ時代の「ポケットモンスター青」を除いて全種そろっています。
攻略本もかなり買いました。上の子に攻略本を読みきかせていた時期もありました。
小競り合いの絶えないきょうだいだけど、ポケモンを前にするとなぜか仲良しになるうちの子どもたち。見ていて微笑ましいです。

が、何かに猛烈にはまっている時は、「心ここにあらず」になるのが心配です。目の前に見えている子どもたちが、DS起動とともにバーチャルワールドにワープしてしまって、ゲームプレイ中の彼らの周りに結界を感じることさえあります。

私も英語にどっぷりはまってた時は、母にとっても夫や子どもたちにとっても「心ここにあらず」だったようだから、これも血筋なのかなあ?
何かに深く打ち込むのはいいんだけど、その深さも「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」なんだろうか?
昨年まで(小学生ママとしては)英語に打ち込みすぎたから、今年英語試験を封印せざるをえなくなったのかも。
posted by しば at 06:58| ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

繁忙期に自分を鍛える

今年一番変わったことは、忙しいことに不平不満を言わなくなったことです。

PTA役員に就いてから、「月の3/4以上、1週間のうち5日は何かしら予定がある」という繁忙期続きです。
体が疲れてるのはとても感じるけど、「疲れた」と口に出すことだけは絶対にすまいとする自分がいます。
そして、そんな自分が大好きです。
疲れても、疲れても、動き続けることで、以前は根を上げてしまった程度の忙しさを楽しめるようになっていくのを感じるから。

「疲れたなんて言うもんか」と自身を鞭打つことは、ある意味ただの強がりです。疲れているのが明白だから。
でも、無理してでもプラスの自己暗示をかけると、火事場の馬鹿力が出せるような気がするんです。
無理も常に無理し続ければ、いつか習慣になる。
火事場の馬鹿力も、場数を重ねることでまぐれでない実力になる。

こんな未来図がちょっとでも脳裏をかすめると、強迫的に、そしてマゾヒスティックに、自分をどんどん追い込んでいってしまいます。

この発想を子供たちにも無意識に求めてしまう嫌いがあるんで、気をつけなきゃいけないんだけど。

でもやっぱり、ビックな人、実績を上げている人は涙ぐましい努力をしてるのがわかります。
それも、実に楽しそうに努力するんです
「楽しそうに努力する」段階に至るまでに、何度転んだか、血の涙をなんぼ流したか・・・


「楽になりたいな」「楽したいな」と全く思わないわけではありません。
現に上の子も「もっと月並みなお母さんになって」と言います。
でも、輝かしい未来図を見てしまうと、じっとしていられません。「楽する=怠慢/堕落」と思い込んで突っ走ってしまいます。

sagittarius.gif
しばはいて座。射手(=ケンタウロス)の腰から下は馬。
未来の栄光という名のにんじんで自分をあおって、今日も走る日々です。
posted by しば at 11:03| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

当たったよ(^O^)

image/englishfreak-2006-06-24T19:03:52-1.jpgくちぱっちビーズクッション、今日午後届きました。

かわいいです。

くちぱっちファンにはたまらない(^_^)v
posted by しば at 19:03| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

就眠儀式

・・・というと、「特定のタオルやぬいぐるみをいじる」とか、「本を読む(第三者が読むのを聞く)」、「音楽を聴く」などが思い浮かぶ方が多いと思います。

が、しば家の子供たちの「就眠儀式」は、ちょっと個性的。

上の娘、現在は「どうぶつの森」。
息子はひたすらしゃべる。
下の娘は、マンガや絵本を読んだり、私といっしょに寝たり。

そして、娘たちは、眠りにつくまでが長い。
興奮させないように、あまり相手にならないように努めても、「夜だからこそ自分から話しかけたい気持ちになる」ように見えなくもないんです。

特に上の子の「どうぶつの森」は、心揺れます。
寝る前にディープにゲームをするのって、模範的な生活習慣とは言いがたいパンチ
だけど、それで彼女が翌日家庭内でけんかしたり暴言を吐いたりが減るのなら、「就眠儀式」として扱ってもいいのかなあ??????とも思います。

ある程度の期間継続してみないと何ともいえませんが・・・

「今どきの子供たちは、ゲームという名の仲介物がないと会話が進まないのかな?」とは、前々からうすうす感じていましたが、うちの上の娘の場合、

「ゲーム(ソフト)が取り持つのは友達作り面だけでなく、親子の会話にまで及んでるのかなあ?」


と、昨夜と今夜、「寝る前のどう森」を彼女としてみて思いました。

ふとわれに返ると、「ばかばかしい」という気持ちが湧き起こるんですが、そんな時は自分にこう言い聞かせてみます。

勉強に気乗りしない子供に勉強してほしいと願うなら、親自身が「子供が大好きなこと、だけど自分は正直言って嫌なこと」を、あえて子供の前で大真面目にやってみよう・・・


そんなわけで、今日は「夜のどう森」のために、中国語を逃しましたもうやだ〜(悲しい顔)
夜が上の子の就眠儀式に充てられる日々が続くなら、中文枠は何としても朝か昼に置かなければ。・・・トホホ
posted by しば at 23:12| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ばかばかしいことも、ばかにしない

kenshou_get.JPG先週、キリンビバレッジのネット懸賞に、当たりましたわーい(嬉しい顔)
そろう確率1/27のオンラインスロットが、そろったぁぁぁぁ〜〜〜〜ひらめき
歓喜のあまり、そろった画面の写真まで撮ってしまいましたカメラ

商品は「くちぱっちビーズクッション(生茶パンダパペットつき)」です。
一部のセブンイレブンには展示されています。
手元に生茶パンダのついた、くちぱっちの大きなぬいぐるみ、と考えると想像がつきます。
下の娘の名義で届く予定です。

くちぱっちが大好きな私と下の娘とで、キリンのペットボトル飲料を買って、応募シールを集めては携帯やPCにコード番号をちまちまと入力していました。
上の娘の冷めた視線をよそに・・・

自分にとっての「うれしかったこと」をしたためて、ふと思いました。
「親子いっしょに盛り上がれるエンタメごと、子供たちには必要なんじゃないかなあ?」と。

上の娘は「どうぶつの森」の話題をお母さんと話せる近所のお友達が、相当うらやましいみたい。
「英語よりも、どう森(=どうぶつの森)やってよ」と何度も私に言ってきたけど、そのたびに「ばかばかしい!!他に覚えなきゃいけないことがたくさんある」と冷たく雪却下を続けてきました。
私は何かを覚えようとすると、一時猛烈にハマるタイプなので、「私自身がどう森にはまってしまったら、しつけも教育も何もあったもんじゃなくなってしまう」と、常に無意識に気持ちを引き締めてきました。
同じ理由で、「えいご漬け」も「大人のDSトレーニング」も「やわらかあたま塾」も買っていません。

下の2人が小学校に上がる前、上の娘と一緒になってポケモンに興じていた頃を振り返ってみると、彼女の(ポケモン後にはまっている)ゲーム談義を「ばかばかしい」と一笑に付すようになってから、彼女の暴言が増えたように思います。

暴言をはじめとする悪行を矯正するのは、確かに必要。
だけど、矯正的指導を受け入れられる心の土壌も、大いに気にしなくちゃいけないな・・・。
ひたすら「しつけだ」「教育だ」と言ってひたすら指導のみをされ続けるのと、一緒にワイワイ楽しんでいる大人が、一瞬真顔になって「あのな、それはちょっと違うと思わないか?」的なアプローチをするのとでは、どちらのタイプの大人の言うことを、思春期のお兄さん、お姉さんたちはより素直に聞きたいと思うか?

こんなことも、気になるし、仮に「悪行矯正の鬼教官」でいくならば、くちぱっちを眺めて和むことも、やめなくちゃならないなぁ・・・・なんてことも考えてしまいます。

「子供って、いくつになっても、お母さんとたわいない遊びしたいものなのかなあ?」と思うと、ちょっと複雑な気持ちになるけど、やってみようかなあ?「どうぶつの森」。
それで家庭が明るくなるのなら。
posted by しば at 11:08| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

地獄に落ちるぞ!!!!!

---って、上の子に言いたい衝動を、今必死に抑えています。

「計算ドリルが見つからない」と言って、担任の先生に探させて、見つからなくて、だから計算ドリルは「家にありません」と釈明してきたこと1週間。。。

今日、「見つかった?」と聞いたら、見つからなかったそう。
担任の先生も、「もう一度家を探してみて」とのこと。

失礼しま〜す。
上の子の机周辺を探します。
鍵のかかっていない机の引き出しは、開けさせていただきます。

すると・・・

出てきました。
友達からの手紙ファイルを入れていた引き出しから!!!
3週間近くそこに入れっぱなしでした。

当人は、解答の書式がちょっと違っていてやり直しになってしまったことに腹を立てて、「もう計ド(=計算ドリル)なんて見たくもないちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)」と激情して、引き出しにしまいこんだようです。
そして、気持ちが落ち着いた時には、しまいこんだ場所を、いや、引き出しにしまいこんだことさえもきれいさっぱり忘れたまま3週間を過ごしたようです。

もう、だまされた・・・というか、はめられた気分です。
少なくとも1週間、実際は3週間、彼女は私や担任の先生を、何の悪びれもなくだましてきたんです・・・
自分で隠して自分で隠し場所を忘れたのに、先生か級友の過失で見当たらなくなったかのように1週間振舞ってきたんです。

もう、許せないです。
この手のなすりつけ、ものすごく卑怯に思います!!!
でも、計算ドリルをしまいこんで放棄してきた3週間で、漢字ドリルは規定分に追いついて、気が乗った時限定だけども2時間勉強できたこともあるんです。
2時間勉強できるようになったことは、大いに認めてほめました。

私の心は揺れます。
人をだますことを黙認してはいけない。
自分の過失を人になすりつける行為は、厳しく対処して強制しなければならない。
だけど、「勉強時間をゼロにしないようにしよう」という気がわいてきた時に叱ったら、せっかくわいてきた学習意欲が枯れてしまうかもしれない。
「むしゃくしゃして、しまいこんで、だけど"むしゃくしゃしてしまいこんだ"部分の記憶がなかった・・・」と、ようやく思い出したのだから・・・

私は、今芽生えてるヤル気を維持するために、今回のなすりつけは本人を叱らずにいてみます。
代わりにブログで激怒させてください・・・

ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
パンチパンチパンチパンチパンチパンチ
爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
パンチパンチパンチパンチパンチパンチ
雷雷雷雷雷雷
台風台風台風台風台風台風
どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
posted by しば at 19:06| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

漫画本の回し読み

漫画本・・・
その年代なりに、子供時代、青春時代の流行の作品があったり、自分がこよなく気に入って入れ込んだ作品があったりすると思います。
(当時の)親に「漫画ばかり読んで〜〜〜」と叱らながらも隠れて読んだり、美容室の待合室で読破した・・・などの思い出がある方もいることでしょう。

だけど、水戸の、うちの上の子の世代だけかもしれないけれど、うちの上の子たちは、「漫画本の回し読み」をしないんです。
友達間で流行の漫画は、それぞれにもっていないと、話題に乗り遅れるがく〜(落胆した顔)のだそうです・・・

そういって、集め始めました。
単行本の出始めから注目して買っていたわけでないので、最新刊に追いつくまで、ひと月で複数冊おねだりでするんるんむかっ(怒り)るんるんむかっ(怒り)るんるんむかっ(怒り)
「回し読みすることはできないの?」と上の子に聞いてみましたが、「回し読みは嫌」というのです。
人からの借り物だと、誤って折ったり汚したりしてしまった時を想像すると怖くて読んだ気がしないし、同じ理由で自分の持っているマンガも人に貸したくない・・・

---が、彼女の言い分です。

とある漫画が流行ってて、友達付き合いを円滑にするために流行チェックとして読むのは、それはそれでかまわないと思います。
だけど、「愛好家たちが、それぞれに単行本を集めないといけない」風潮には、疑問を覚えます。

そんなもんで、所持本が最新刊に追いつかない彼女のコレクションは、急ピッチで完成に近づいています。
こちらが「漫画ばっかり買って!!!」と言おうものなら、「私の漫画集めは懸念しながら、私の見えないところでママは語学本を買い集めてずるい」と出てくるのです・・・
今月から私の語学本の発売日に、彼女も私と一緒に本屋に足を運び、お目当てのコレクションをゲットするようにしたけれど、それでようやく気が済んだみたい。

もう、トホホです。漫画のブームって、いつ冷めるかわからないもの。冷めた時に「あ〜〜、なんて無駄な投資をしたんだろう?」とどんよりする光景が、私の脳裏には先に浮かんでしまいます。
ブームが冷める時のことを長い目で見通したら、流行の漫画の話題について行くのは、回し読みでも十分果たせると思うんだけど・・・
posted by しば at 05:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

五月人形



…やっと出しました。
こいのぼりはもうあげなくなったけど、五月人形は、息子がいくつになっても、季節の風物詩的に飾り続けていきたいです。




[参加してます♪]人気blogランキング
posted by しば at 20:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

トイレ故障・・・後日談

4/19夜に突然詰まったトイレ。
翌日午後に、直していただきました。

その際の、業者さんのお話:
最近、トイレ詰まり多いんです。

主な原因は、「流せるおそうじシート」と、「ブ○○レットおくだけ」などのトイレの流し水に添加する洗浄剤の過剰使用。
ロールペーパーも、ダブルだと詰まりやすくなりますね・・・



う〜〜〜ん。反省。
トイレのおそうじシートも、箱に「流せる」って書いてあったから、ついつい流してました[emoji:e-263]
それ以上に、「ぶ○○レットおくだけ」はガンガン愛用してました。便器の内側の黄ばみ具合が、使うと使わないでは格段に違うもの。

だけど、「おくだけ」はじめ、トイレ洗浄剤各種を使うことは、「便器が黄ばまない」分、排水管には負担をかけることだったと、今回のトイレ詰まりを機に学びました。
尿石をつきにくくするシリコン成分が、排水管の中にまで皮膜を作って、水の流れを悪くするのだそうです。

トイレ紙ももちろん、シングルに切り替えました。
ボックスティッシュでおしりを拭く悪癖も、きっぱりやめました。

今週は家庭訪問です。
これまで「おくだけ」に頼っていた便器の中の黄ばみとり、地道に磨いてがんばることとします。
無論、家庭訪問のためでなくても、がんばるけど・・・


[参加してます♪]人気blogランキング

posted by しば at 23:56| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

トイレ故障!!!

20060420102408
昨日の夜、トイレが突然壊れました。
3人の子どもたちのトイレトレーニングを機に、ロールペーパーでなく、ボックスティッシュでおしりを拭かせていたツケ…なんて気がしないでもないです。
現にティッシュ箱の底には、「トイレに流さないでください」の注意書き(・_・)エッ....?

小さい子どもが自力でロールペーパーをちぎろうとして、長く引き出し過ぎてしまうなんてこと、ありませんか?

巻き上げ直すの、骨折れる(-.-;)と、利便性ばかり追うと、忘れた頃にしっぺ返しが来る。
他のことも、おんなじ気がします。
「禁止事項を守って、丁寧に、丁寧にo(^-^)o」
posted by しば at 10:24| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

押印

子どもの学校への提出書類で、印を押すものがいくつかあります。
毎年、毎度のことだけど・・・

一昔前ははんこを押していたものも、最近はサインでOKなものが増えてきてますね・・・

---なんて思いませんか?

私、はんこ押すの、はっきり言って下手です。
まっすぐ押せないんです。
はんこの軸についている「上のしるし」を紙面のたてと垂直に(自分的に)合わせても、どうも曲がったり、薄かったり[emoji:e-263]

それを見て母が、

印をまっすぐきれいに押せない人は、心が曲がってて几帳面でない


とのたまいました。
はじめは、「今度はもっとていねいに押そう」と素直に忠告として聞けたけど、次に押しても左に15度くらい傾いてて、がっくり!!

するとだんだん、はんこ押しひとつに並々ならぬプレッシャーがかかってきてしまい、それが「お母さんは押印で人格全体を判断する人なの!?」って気持ちを押し上げて、ついに怒って言ってしまいました[emoji:e-268]

お母さんは、毎回一寸の狂いなくまっすぐにはんこ押せる自信と確信あるの??



---結果:
息子の(跡取り教育の一環かな?)連絡帳の判押しに、とりわけ心こめて青春かけて、まっすぐ押してました。
それで納得し・・・かけたけど、「曲がる時は、はんこ自体が中心が取れてない、はず・・・」と。

本当に完璧にできているならば、「はず」って言葉は出ない、と思いました。
中心の曲がった判でも、人の見た目でまっすぐに見えるように押すのが、本当に完璧にまっすぐ判を押すことじゃないかな?

・・・と入力しながら、「あ〜、ちっちゃいな、自分」って思ってどんよりきています。
自分に足りないところだけ心に留めればすむものを、ことばの一字一句、しぐさの一挙手一投足まで気にしちゃってるわ。
そして、「あ、そういえば、聖書読みサボってた」と、我に返る[emoji:e-1]

子どもたちが登校した後、英文の聖書の筆写や逐語訳をして、心を静めました。
posted by しば at 09:47| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

新学年・新生活

子供たちはそれぞれ進級。
上の娘は、吹奏楽部に入部。---ひそかに憧れてて、入りたかったけど、でも「反対されそう」と諦めてたみたい。
それが今年は、「家に長くいて弟や妹とけんかするのを見るよりマシ」とか、「家にいて反抗しまくってるのを見るよりマシ」と考える夫や母が、彼女の追い風になりました。

息子においても、剣道に本腰を入れさせたいな・・・と思案中。
剣道のスポーツ少年団への入団の機を、今か今かと待っております。

そして、今一番八面六臂に活動中なのが、下の娘。
バレエ+バトン、そしておとといから、朝6時に起きて「基礎英語1」!!(基礎英語はたまに寝過ごしたりもするけど、「起きられた時は聞く」をモットーに、6時起きを強要しないよう心がけています)
何といっても、1年次にALT(ネイティヴ)に出会えたことに、彼女の英語熱の根源があります。

最後に私…
今年もいくつもいくつも新しいことに手をつけてます。
PTA役員デビュー。
ご当地サッカーチーム応援[emoji:e-219]
中国語[emoji:e-294]
熱帯魚飼育[emoji:e-203]
聖書読み[emoji:e-122]
---4月の時点で5つもあるんだから、これから先、どこまで増えるんだろうか?
また今年も「多芸は無芸」病の中で過ぎるのだろうか?

ともかく、日々完全燃焼[emoji:e-269]
posted by しば at 23:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

たまごっちを「アップグレード」

エンたま導入に際し、これまでの「ケーたま」を手放すことにしました。
ケーたま


「バザーに出すか、ネットオークションに出すか」を、まず上の子と話し合い、「次の持ち主に、より大切にしてもらえる可能性の高いほうに出そう」ということで、学校のバザーに出すことにしました。

破格のお値段で出店にならぶだろう、懐かしのケーたま。
少しでも素敵に見えるように、説明書や育成本を添えてラッピング。

たまごっちに限らず、子供たちが「○○買ってぇ」攻勢に出てきた時は、購入前に、昔ハマッてたけど今は飽きて放置しているおもちゃ類の整理を家訓にします。
手放せるものがない時は、新たなものも買わない・・・っと。
posted by しば at 11:27| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

モノに埋もれる

譲り合いとか、共有って気持ちが極めて薄い幼児期を送った、我が家の三きょうだい。
おまけに男女両方いるので、男の子用と女の子用の両方のグッズがわんさかあふれている・・・

しば家の居間、ディズニーやポケモン系のビデオ、そして母の趣味でTV番組を録画したビデオやDVDが、本棚を占領し、肝心の本が、大きさもテーマもばらばらに、読む頻度もぐちゃぐちゃなまま、部屋の隅に追いやられています。

ビデオはともかく、おもちゃ箱類は、この10年弱の間の衝動買いの代償です[emoji:e-263]
ゲームソフト類も、本気でほしいかどうかより、その時々の友達との話題合わせのために買ったものも少なくない気がします。
今月漢字+計算ドリルをことごとく拒否した上の娘が、買い物に付き合ってはいろいろねだりまくってきた上の娘が、しみじみと言ったのです。

「友達の家と比べると、うちって汚くて居心地悪くてイライラする」


「何とかしたい」と思いながらも、どこから片付けていいか分からずにこれまで過ごしてしまった私も、静かに言いました。

「これらは衝動買いの報いだよ。きれいにしたければ、ほしい物も、本気でほしいもの以外我慢することと、心から気に入っている物以外は手放す勇気が必要だね。」


これで、「○○買ってぇ」に釘を刺す決め台詞ができました。

「買えば部屋が汚くなるよ」



通知票の評定は、学習態度と比べると思いのほかよかった上の娘。
「学校(まじめに、落ち着いて生活している)と家と、どっちが安らぐ?」と聞くと、「学校」と答えました。
その一言で、私は今月特に目立った暴言、怠惰な生活の数々を、水に流そうって気持ちになりました。
そして、この春休みで、彼女主導で家の掃除・模様替えをしていきたいと考えています。
posted by しば at 14:58| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

オカママ川柳

川柳…面白いですo(^-^)o
「和の心」感じます。
基本的に定型詩(英語ではrhyme)が好きだし。

「多芸は無芸病」ウィルスがまた活動し始めたかな?
今日の一句(PCの方はハイクブログの短冊も見てね)
うっせぇな
でも本当は
愛してよ
[お題:子育て]
posted by しば at 17:48| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

連弾

うちにはピアノ弾きが2人。
私と上の娘。

実際は、ピアノ歴10年超(ただし昔取った杵柄)主婦と、もうすぐ1年の小5の娘・・・という編成。

とにかくレッスン課題を練習するだけでいっぱいいっぱいで、「ピアノ好きに見えなかった」私と、お気に入りの曲(終了ずみでも)を気ままに弾いて楽しむ彼女。

今、彼女との連弾に、ひそかにはまっています。
両手いっぺんに弾けなかったり、弾くのがこわいなどの理由で左右片手ずつ練習する時に、もう片方を私が弾くのだけど・・・
この時が、彼女がいちばん素直に見えます。

以前は、「いつになった両手での練習始めるんだ?」とやきもきしたけど、今は違います。
当人が求めてこなくなるまで、いつまでも、何度でも、連弾をしていたいって思います。
2人で1台のピアノを弾いて思うのは、

☆一人で何かをするより、二人(以上)でするほうが、煩雑なこともあるけど達成感が倍増する
☆人は誰でも、何かしら、世間と「持ちつ持たれつ」で生きていることを実感できる


を、体で感じられる場、同時に娘に効果的に伝えられる場・・・ということです。

思えば私も「ピアノって孤独な楽器」って感じて、吹奏楽部入ったなあ。そして、一人でない故の苦労やけんか、そして複数人が心をひとつにすることの難しさを味わったなあ。

一人はさみしいけど、吹奏楽部では対人関係でつぶれた私。
ピアノ連弾あたりが、私にあった楽器演奏の形態かもしれないなあ。

今日も娘と連弾したい[emoji:e-291]
posted by しば at 17:17| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

話題を探してさまよう高学年

「5年になってから、勉強に気分が乗らなくなった」と、自分でつぶやいた上の娘。
勉強時間を減らしちゃいけないと、自分では分かってるみたい。
だけど、どうも別のことにびくついてるみたいで・・・

その「びくつく原因」のうちのひとつを、昨日それとなく告白してくれました。

娘:友達は夜遅い時間帯のTVを見出したようで、その話題で盛り上がってる。
ほんとは、流行の(夜遅い時間帯の)番組、見たいんだけど、うちのTV主導権はばあちゃんだから、9時過ぎるとTVはおしまい。「クラスではやってる番組だから見せて」って言っても絶対無理。

私:「西遊記」はDVDに録ってるよ。

娘:でも他の番組見てないから、その話題になるとつらい。

私:夜寝る前のひとときに、ゲームしたりブログ書いたりリヴリーの世話をして、夜の流行のTVを見たくてもどうしても見らんない憤りや無念を、何とか晴らしてるって感じ?

娘:うん、そんな感じ。

私:・・・そんな事情かぁ。



高学年になって、子どもらしい生活リズムから突如として大人的な夜型生活に、彼女の体が変わったのを、5年に進級当初もうっすらとは感じました。
だけど、周りの子たちは、もっともっと早いペースで子どもらしくなくなってきてるのね。
我が家で健康的な生活リズムを守ろうと必死で取り組んでも、それが「友達と共有する話題を減らす要因」に映ってしまうんじゃぁ…

「みんなちがって みんないい」なのに、なんで同じになりたがるのかなぁ。
「人と同じになりたい」と願えば願うほど、自分と違う人を遠ざけたくなる気持ちも強まってしまうんだよ。

だけど思えば私も、「完全に同じ」でなくても構わなかったけど、「まったく違うのはどうしようもなく心細い」って感じたなあ。
それだけじゃない。
英語の勉強を再開した今、憧れる英語学習者を多く知れば知るほど、英語の勉強をしない人(特に実生活でお世話になる人)との間に、「同じ日本人と思えない」って感じることが、増えてるかも。
実際、こういう気持ちは、まずい。ちょっとでも感じたら、必死に英語以外の趣味ごとをして気を紛らして、抑える。
おととしと昨年は、母に対してこの種の気持ちを持ってしまったから、パニック障害を発症して、非常につらかったよ。

それで最近は、彼女に勉強してほしい時は、「ゲームする間があったら勉強しなさい」じゃなくて、「隙間時間に寸暇を惜しんで勉強しようよ」って声かけをしています。
posted by しば at 13:14| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

方言で日記を書いてみる

水戸ッポなんで、茨城弁で日記を書いてみます。
これまで、文章を書く時は努めて標準語で書いてきたけれど、ドラゴンスピーチで音声入力してるつもりになって、話すように書いてみようと思います。

---というのは、「方言だと、きつい気持ちも柔らかに聞こえる」って、上の娘が昨日ボソッとつぶやいたから。

茨城弁での日記は、[続き]欄をごらんください。続きを読む
posted by しば at 13:45| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て・親育ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。